うつ病かな?と思えば早めに精神科を受診すること。

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク


こんにちは!カズです。

今回はもし自分が精神病のうつ病になったらどうする。

いつ病院に行けばいいか?

などをまとめてみました。



うつ病かな?と思えば早めに精神科を受診すること。



もし自分が精神の病気だったら気づいて精神科に受診しに行くと思いますか?


僕の場合はもう13年前からうつ病が始まっていましたが、
精神科の先生が言うにはもっと昔、小学生の頃から
精神病だったよ。
と言われてしまいました。
小学生の時から君うつ病だよ。
という言葉が大きく今も心に残っています。




うつ病になった過去を思い出してみます。
当時約13年前は僕は高校を卒業してバリバリ働いていました。

週6勤務の朝から晩までの新聞配達をしていました。

そして住んでいた最上階のマンションでそこから僕の

初めての幻聴が始まったのです。



初めてのうつ病



あれ??隣の部屋から女の子の声が聞こえてくるぞ。
そう思った僕はもっと声の聞こえる自分の押し入れの部屋で
寝るようになったんです。

そこが初めての幻聴だと知らずに。



当時僕はこんなことを思っていました。

ツイートにまとめてみました。



うつ病になるタイミングや症状なんて人それぞれ
なんです。
だから少しでも気分がボーっとしたり落ち込みすぎたり
したら多少元気でも精神科に行くのがいいと思います。
発症するタイプは本当に人それぞれです。



うつ病を発症するケースどういう時に多いのか。



うつ病を起こしやすいケースをまとめてみました。

僕の場合はこんな感じでした。


・新生活から起こるストレス
・初めての1人暮らしからなる不安
・他人との人間関係からなるストレス



簡単にまとめるとこんな感じです。

全部見てみると共通する部分があります。

それは、ストレスから発症するみたいですね。

僕の場合は新生活のストレスが一番の要因。

と考えられるしのちに主治医の先生からも

「新生活のストレスからなりましたね。」

こんな感じで主治医の先生に言われました。



そして地元に帰って精神の治療を受けました。
そこが多分13年前から初期状態からの治療。
まともに暮らせるまで僕の場合は3年くらいかかりました。
働けるまでは11年間かかりました。
でも良くなる時間は人それぞれです。



うつ病になってしまう人とはどんな人か?

答えは誰でも起こりえる。です。

どんなに頭が良くてもスポーツが出来ても

芸能人でも誰でも起こりえるんです。

明日は我が身と言った感じですね。

数年前までは100人に1人の確率で発症すると

勉強会で習いました。



僕の行った精神科での治療法とは?



僕が精神科で行った治療法はこんな感じ。

こちらも大事なのでまとめてみました。



確かに前と今飲んでいる薬の種類は違っても合計で
1日10粒は飲んでいる感じです。
ですがほとんどが興奮をやわらげる薬だそうで
僕には正直効いているのか分からないくらい
飲み続けています。



今の現状とは

今ではすっかり良くなりましたが最初の数年はとても

しんどかったイメージ、思い出があります。

でも悪いこともいっぱいあったけど

その分に休養中に楽しめたこともありました。

それは休養中に旅行に行ったり、家でのんびり

ゲームしたりと自由なままに10年間くらいは

楽しく生きてこられました。


そういや入院もしたな



思い出せば病院の治療法で2週間くらい入院も
しました。
点滴とカウンセリングを受けて。
たしか年末ごろでしたね。明確な時間は忘れましたが
入院も5年以上前くらい?でした。



障がい者手帳という証をもらいました。



精神障がい者ならではの証をもらいました。



それは障がい者手帳と言う物です。

これさえあれば映画館、テーマパークなどの娯楽施設が

半額料金で入場できます。

この障がい者手帳と言う物は本当に優れモノで

特に僕は映画館でよく使わせてもらっています。

この手帳のさらにいいことは保護者も半額になるんです。



この障がい者手帳は映画館に行くとしたら保護者も半額
だから僕も合わせて2人分は半額になる決まり。
数年に1回は更新する必要があるけれど
それ以上にパフォーマンスがスゴイのでオススメです。



おかしいなと思ったら

障がい者になってしまったら必ず手帳を作っておいて損はないですね。

おかしいなと思えば早めに精神科に受診して

もしあなたがうつ病になったとしても人生は自分の力で

楽しんでいってください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク