うつ病から立ち直るにはどう乗り越えて来たのか。

体験談

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回はうつ病の症状を過去から現在までどう

乗り越えて来たのか
お話しします。

うつ病でも立ち直ることはとても大事なことです。


1、うつ病から立ち直るにはどう乗り越えて来たのか。

立ち直るきっかけは前向きにいくこと。

立ち直る一番の方法は前向き思考にいく。

これだけで嫌なことかがあってもすぐに前向きに

気持ちを入れ替えていけます。

前向き思考がいい理由もちゃんとあります。

前向きにいくことで何でもプラスに
取り入れることができます。
嫌なことが起こってもだいたい乗り越えられる。

ちなみに僕は今頃は少し前向きにいけています。

でもどうしても立ち止まりたい時はあります。


具体的には、常に前向きにいける人はすごく

羨ましいです。

ちなみに僕はうつ病になり最初の頃はとても

前向き思考ではありませんでした。


毎日生活していくだけで精一杯でしたね。


うつ病になっても前向き思考はとても
素晴らしいことだと思います。
僕ももっと前向きにいきたいなと。
僕はまだまだかもしれません。


慣れも必要かもしれません。

うつ病になって辛い思いを経験していくことで

辛い経験の慣れが生まれてきます。

なので苦い経験はこの先の宝物になってくれます。


その理由は、

辛い経験をしていても慣れがきたら次の
辛い経験にいかせます。
なので辛いことの同じことの繰り返しは
減っていくと思いますよ。
克服できるからですね。

辛い経験なら次はこうしたら辛くならないな。

と経験になるので次から用心深くなります。


慣れはやはり時間はかかりますが、

それでも闘病の1年目でも立ち直るための

土台がしんどい経験をすると積み上がっていきます。


少しづつ辛い経験から力をもらって次にいかす。

このパターンができればどんどん立ち直る

キッカケは出来てきます。

辛い時の経験の慣れが大きな力になり
立ち直る気分にもさせてもらえます。
慣れと経験はどれもうつ病の人には貴重な
良い体験です。

スポンサーリンク





ここで立ち直る方法についてツイートして
みました。

辛い経験しんどい思いを闘病生活で
知って今僕はこうやって少し安定した精神面で
立ち直ることができて少しづつですが前に
進んでいけるようになりました。
経験積んで立ち直るという効果は絶大です。


2、自分自身を見つめ直す。

自分自身を見つめ直してみると効果あり。

自分自身を見つめ直すことは立ち直るキッカケの
第一歩だと思います。

最初は自分はどんな人間なのか考えてみるのも

効果ありです。


理由、

自分自身を見つめ直して自分はどんな性格か
いつもどんな行動をとるのか。
見つめ直していくと新たな発見もあります。

調子の安定しているときに自分のことを
考えてみると良いですね。


立ち直るキッカケが見つかると立ち直る

成長速度も早いです。


もししんどくて困っていたら調子のいい時で

いいので少し自分の性格でも見つめ直すのも

いい効果があります。

この考えることを確か僕はやっていました。


自分自身を見つめ直してもう自分の欠点
まで見つけると立ち直るキッカケはとても
早いし順調に進んでいきます。

立ち直るキッカケを見つけたらいい感じです。


そこで自分自身を見つめ直すためのツイートを
してみました。


自分を見つめ直しておくことで気持ちの
整理もしやすくなります。
あとは立ち直りの参考にできるのが一番
良いかなと思っています。
とにかく自分に意識をしてみると効果的です。


3、ちっぽけな存在だと思わないこと。

自分はちっぽけだとは思ってほしくない。

孤独になるとたまに自分はちっぽけだと考えて

しまうこともあります。

でも実は自分はちっぽけなんかじゃありません。

大きな存在なんです。


理由は、

人はやる気があれば何でもできると
思っています。
何かに頑張ることで成長して社会に貢献できます。

これは自分の調子のいい時にすること。

立ち直るキッカケづくりが欲しいならボランティアなどに

貢献してみるのもいいかもしれません。


デイケアに通って他人と交流して自分の立ち位置を

確認するのにもいいと思います。

他人と交流を持つことで自分の新たな一面が見えて
立ち直るキッカケが見つかるかもしれません。


うつ病から立ち直るには新たな自分の発見を
してみることも大事です。
マイペースに地道に治療しながら立ち直る
キッカケを作って欲しいです。


時にはしんどい時もあると思いますが

頑張って乗り越えて気分が良くなれば


立ち直る行動や考えたりもしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク