うつ病でも働くことはできるのか。働きたい人へ。

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回はうつ病でも働けるのかの内容でお伝え

していこうと思います。

精神病でも働きたい人は読んでみてください。


うつ病でも働くことはできるのか。働きたい人へ。

うつ病でも働きたい人へ。

うつ病でも働きたい人はいると思います。

なので最初から結論を言うと、

うつ病でも働けます。


というこんな答えが出てきます。

ではうつ病でも働ける理由を考えてみました。


うつ病でも働けるのは仕事の途中で
気分が悪くなるかもしれない。
というリスクと戦わなくてはいけません。

うつ病と仕事とはやりがいがあるみたいですが、

仕事中に気分が悪くなる。

というリスクが起こりやすい。



といった症状が起こってしまうみたいですね。


ちなみに僕は仕事を週に3回くらいしていますが、

正直気分が悪くなったことはたくさんあります。


それはなぜかと言うと理由は分かりません。

でも近い理由としては夏場や暑い場所に弱いことですね。


特に水分補給がこまめにできていないと

まともに気分が悪くなってしまいます。

でも働きたいなら多少の我慢を覚悟
しておくこと。
でも必ず気分が悪くなるのかと言えばそうでもない。

なので答えを言うとうつ病でも仕事を

することは可能。


ということです。


仕事中に気をつける事とは。

仕事中に気をつける事とは、

答えを言うとこまめな水分補給。

これに決まりです。

こまめに水分補給をすることで気分的に

安心してくるのでとても

うつ病の人にはオススメな方法でもあります。


水分補給をこまめにとる理由としては、


水分補給をこまめに摂らないと気分が
安定しないし、精神面でもやられてしまいます。
二時間半の仕事でも気分が悪くなることも。
なので水分補給は必要です。

水分補給に気をつけて仕事の合間にも

飲めるようにしておくことをオススメします。

とにかく働くなら同じ職場の人に水分補給します!と


言っておいてからこまめに水分は摂りましょうね。


とにかく一番に水分、二番にも水分といった感じです。

なので僕は常にペットボトルを仕事中に水分を摂れる

様にしていますね。


水分補給の大切さについてついーとしてみました。



どんな仕事でもまずは働きたいのなら水分補給を
欠かさない事です。
大丈夫だろうと思っていては後で痛い目に合います。
僕はまずは仕事内容より自分の体を大事にして
欲しいです。
これができればだいたいのお仕事はチャレンジできますよ。


何時間働けばいいのか。

何時間働ければ理想的か。

何時間働けばいいと思いますか?

結論から言いますと、

無理をしない時間です。2時間から3時間くらいが望ましい。


なぜ最初は2時間3時間が理想的か、


気分が悪くなる時間がだいたい2時間から
3時間の間辺りから気分が悪くなりやすいからです。
最初は無理をしてはいけませんよ。

最初はフルタイムで8時間はいけるだろう。

週に5勤務は大丈夫だろう。


などは考えてはいけません。


ですが最初の僕はそう考えていました。


なので基本はならす感じで行ければ理想です。

最初からスタートダッシュを決めてはいけません。


特に最初の仕事ならいけるだろうとか

必ず思います。


でもやってみたらそう甘くはないです。
基本は2~3時間程度の作業時間が
オススメです。


作業時間が2~3時間くらいなら週5は

いけそうじゃないですか。

精神病の人はスタートダッシュを決めてはいけないんです。


そこで働く時間についてツイートしてみました。



最初は地道に経験を積んでそれから
作業時間は伸ばしてもらえば良いです。
ですが個人差があるので最初からフルで
働けてしまう人もいるかもしれません。
ですが心に問いかけて仕事をすることです。


体と心をケアすること。

体と心は一心同体です。

体と心にはすごく気をつかってあげてください。

それが仕事をする上での守ることですね。


理由、

うつ病の人は心の病なので体と同時に
心のケアもすごく大事になってきます。
それはどんな仕事に就いても大切です。

具体的には健常者と違いますので

心にも注意して働いて欲しいと思います。

体も大事ですが心を痛めるとしんどいですよ。


仕事をすることは良いことです。

ですが自分を見失わないように

ゆっくりと働いて欲しいなと思います。



仕事ならいろいろ挑戦してみるのも良いですね!

特にどんな仕事が良いかは、

自分で判断をお願いします。



スポンサーリンク
スポンサーリンク