うつ病で困った自分を助けるには。「対処法」

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回はうつ病になってしまって困った時の

気持ちと対処法
を考えていきます。

うつ病で悩んでいる人向けです。


うつ病で困った自分を助けるには。「対処法」

うつ病で過去に困ったこと。

うつ病で過去に困った経験はたくさん経験して

います。

例えば、

・幻聴が聞こえる。
・人混みで気分が悪くなる。
・暑さでダウン。

その他にもいろいろ経験しているので

多少の対処法などはあります。



でも対処法を分かっていてもうつ病ならではの

気分の悪さには対処法が効かない場合もありますね。


ではどんな対処法があるのか?

・涼しい場所に移動する。
・水分をこまめに摂る。
・幻聴が聞こえてきたら寝る。

こんな感じでうつ病と向き合ってきました。

うつ病はとても最初の2、3年の頃はしんどいのが

当たり前の生活でした。


でも今でもうつ病ですが気分が悪くなる回数は

減ってきています。


うつ病になるともちろん薬も飲みます。

薬の副作用もあるので若い人は飲まない傾向が

あるみたいですね。



理由は副作用があるからですね。

・視力が悪くなる。
・体重増加。
・睡眠取るのが嫌になる。

もしうつ病になるとどこで症状が出るのか

分かりません。

そのためにうつ病になったら対処法を試してみて

それでもダメならゆっくり部屋で休養をとると

いいですよ。

うつ病になってしまったら治まるまでが
本当にしんどいです。
無理に動かずに布団で目を閉じるなど
自分の行動をおさえる事です。

うつ病の症状が出る前の対処法はいろいろありますが、

うつ病になってからの対処法はまだまだ分からないことが

多いですね。



とにかく最初はリスクをとらない行動を

心がけて静かに過ごす。


楽しいことをする。

などして気を紛らわせてうつ病の症状を


考えないようにしていくことが大事ですね。


そこでうつ病になってしまったらの対処法を
ツイートしてみました。

これから考えていかないといけないのは
うつ病の症状が出てきたらその時の
対処法を何個か考えることですね。
僕は今まで気分が悪くなると逃げる、我慢する。
くらいしか思いつきません。
でも対処法がない訳ではないので良しとします。


うつ病で困ったことは自分で解決する。

今ままで解決できました。

今までうつ病が解決してきたのは自分がで

なんとか解決してきました。


うつ病の症状が出ると自分の判断で

解決するしかありません。


誰かに頼ることは症状が出て気分が悪かったら

1人で解決しないといけないのです。


その辺が自分の精神面をしっかりと持って

いないと自己管理をちゃんとして


それでうつ病の症状に備えるといった

感じになりますね。


自己解決で得たもの。

自己解決で得たものは精神面のタフさが

勝手にみについてきた。


という感じですね。

自己解決をすることで自分の精神面と心の

タフさがすごく強くなります。


でもうつ病の症状に何回もなるのはつらいですが。


自己解決をうつ病対策にしておくと
もしもの時に自分の判断で解決させる
ことができるので自己解決は良いかもしれません。

まずはうつ病の症状をとらえて、

それに合った自分なりの解決策を用意しておくことで

これからの行動に役立ちます。


そこでうつ病の解決策をついーとしてみました。

うつ病になる免疫をつけるには何回も
症状を体験しなくてはいけません。
経験した分ピンポイントな解決策が
生まれると僕は思います。
とりあえず経験値は嘘をつきません。


誰かがうつ病の症状になっていたら助けられます。

うつ病が誰かの助けになります。

うつ病が誰かの知り合いの人に起こったら

助けてあげれるくらい経験は積んでいるので

相談には乗ってあげれます。


うつ病じゃなくても精神病の人が近くに

いても助けられるようにできると

思っています。


助けになれば僕以外に苦しんでいる人は

たくさんいると思うので、


少しでも力になりたいと思っています。

誰かの助けになれば少しでも気にかけてあげれるし
少しでも役に立てればなと思っています。
精神病でしんどい人はたくさんいるはず。

これからは自分のことに気づいてあげるのと、

相手の症状にも合わせて看護してあげれるくらいに

なりたいと思います。



自分がしんどい思いしても誰かがしんどくなっても

お互いが助け合えれるようになればいいと

思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク