うつ病になって困った出来事を解決させるには。

体験談

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回はうつ病になって困ったことの解決方法

記事にしていこうと思います。

今精神病でしんどい人は読んでもいいかもです。


うつ病になって困った出来事を解決させるには。

うつ病になり困った経験をしたこと。

うつ病になってしまったら結果的にはだいたいの

方が困ります。

何に困るのかというと、


今までの安定した精神面から不安定の精神面に
なるからです。


うつ病になるとまず最初は自分のうつ病という

恐ろしさに気がつきます。


そして精神的にもダメージがあります。

そこでうつ病になると困ることを簡単にまとめてみました。


うつ病になると。

・他人に言いにくい。
・精神面のコントロールが難しい。
・仕事に支障が出る。

このあたりが本当にしんどい時です。

では簡単に解説していきます。


・他人に言いにくい。

自分の家族以外の友人などにはとても
言いにくいですね。
とにかく知り合いの人にはあまり
僕もカミングアウトしていません。
信用できる人なら報告してもいいかも。


・精神面のコントロールが難しい。

最初にぶつかる壁は精神面の波が大きい
ことです。テンションの浮き沈みがとても
激しいので慣れるまで時間がかかります。


・仕事に支障が出る。

うつ病を抱えて仕事をしていると、
何かしらの支障が問題が起きます。
なので仕事場の人にはオープンにしている
方が仕事をしやすいかも。


僕もですが過去に仕事中に気分が悪くなり、

帰宅しても気分が悪いままの状態でした。



その時はそんなにキツイ病気だとは感じなかった

のですが中々症状が治まらないので


これに慣れるまで苦労しました。


うつ病になると困ることがグッと増えます。

うつ病になると不安がたくさん出るのは

当たり前です。

後はこの不安で、さらなる不安を呼び込んで

しまうことも珍しくありません。


解決策としては慣れろの一言ですね。


この状況に慣れるのも2年~3年くらいはかかります。

うつ病になるとグッと困る3選。


・外食での食事選び。
・家にいるのに不安が消えない。
・薬を飲むのが面倒になる。

だいたいはこんな感じですが、

特に外食でも食べたい物があるのに

他の食べやすそうな物を注文していました。


とにかくうつ病になると気をつかいます。

最初は仕方ないと思いうつ病に上手に付き合って

あげると良いと思います。


そこでうつ病になって困ったことについてツイート
してみました。



本当にうつ病になると困る時がたくさん
ありますし起こりえます。
解決策としてはうつ病に気をつかって生活
するくらいしかありません。
うつ病に気をつかってあげていてもたまに
牙をむく厄介な病気ですよ。


うつ病の解決策を徹底的に考えてみました。

大事なところをおさえておくと良いです。

うつ病の病気の症状を少しでもやわらげて

あげるには先ほどは気をつかってください。



言いましたが、それも間違ってはいません。

うつ病に気をつかいながらうつ病と心の


キャッチボール
をすることでうつ病とうまく

生活できる。ということもできます。


うつ病とのキャッチボールとは具体的には何か。


うつ病とのキャッチボールとは自分の
心に声をかけてあげるように、自分で
よし!と強く決めて行動する事です。

これがうつ病との上手なキャッチボールだと

僕は思っています。


そこでうつ病との上手な解決法をツイート
してみました。


上手に自分の心に問いかけをしてから
行動にうつすと上手に物事が達成できます。
まずは自分の心と仲良くなることで
心の分裂をせずに前に、そして治療に
向かっていけますよ。


うつ病のベテランを目指してみたら楽です。

うつ病のベテランには誰でもなれます。

うつ病のベテランになるには難しいとおもいますか?

いいえ、誰でもなれますよ。


理由は、年月を重ねていくと自然とベテランになれるからです。

要するに時間が経てばいいのです。

でも時間といっても1時間や、1日とは違います。


心が折れるかもしれませんが数年単位の時間の経過が

必要になります。

でもうつ病歴が長くなると症状があまり出なく
なるのは確かです。


なので最初はうつ病に負けることもありますが、

時間が経てばうつ病に勝てる。


というよりはうつ病の方から去っていく。


というような流れができて最高の瞬間が訪れます。

それはあなたが苦しい時も楽しい時も


うつ病と戦ってきたからの証です。


うつ病に勝つと悪い症状はほとんど
起きなくなります。が
注意力はもっていた方が良いです。

とにかくうつ病に勝つと、勝てると意識して

毎日の生活を送っていけば必ず症状は良くなりますよ。

症状が軽くなるとこれからもっと楽しいことが

待っていると思います。

ベテランになればうつ病はもう症状が治まるのか?

うつ病の症状がベテランになると完全に治まる?

なくなるの?


と聞かれたら答えは、いいえです。


うつ病歴が13年目の僕から言わしてもらうと

たまに気分が悪くなる時はあります。


完全には治らないことがうつ病の怖さですね。


完全には治らないと言いましたが、正確には

13年目以上になると完全に治るのかもしれません。


その辺、13年目の僕にもこの先は未知の世界なんですよね。


ですがこれは言いますが、

症状は毎年良くなっています。

本当に症状は毎年良くなってくるのかな。

経験上答えはイエスです。

症状は数年もすれば少しづつ良くなってきています。

なんだか精神面がアップデートされている。


というように僕はとらえていますね。

なので自分はかわいそうな人間だ。


と思うのは減ってきます。


しかも経験があればもう同じくり返しは

しないので次にもし同じ場所に行くときは


対策をしてその場所に行けれますよね。


症状は毎年良くなることは分かって
くれましたか?
あとは病気に負けないという精神力だけです。
毎年良くなることを知っているので
後はどうやって精神面を鍛えるか?
それは同じ経験もしてみることです。


同じ悪い経験をしていくと精神力が鍛えれます。

同じ場所に対策をしていっても絶対大丈夫では
ないのが現実ですよ。


なので同じ場所でまた気分悪くなってしまったなー。


同じ経験はもう嫌だ。


と言っているうちに精神面はどんどん鍛えられていきますよ。


自分をマイナス思考で見るのではなくて
失敗も経験なのでプラスにとらえていくと
だんだん精神面も鍛えられていきますよ。


自分で精神面をコントロールできれば良いです。

自分で精神面をコントロールしてなるべく

困ったことを減らすにはちょうどいいです。


精神面のコントロールができると

自分が強くなりますし、いい経験にもなり


最後には自分の物にできます。


そして僕以上のうつ病歴が長い人はみんな

症状があまり出ない人たちです。


それはやはり精神面のコントロールが上手にできている

からだと思いますね。


こんなに奥が深いし新しい自分の発見も楽しいですよ。


うつ病の困ったことは自分で解決していく事が大切です。








スポンサーリンク
スポンサーリンク