うつ病の症状を予防するには。「解決法、体験談」

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回はうつ病の予防策を僕の体験談を

もとに考えてみました。

うつ病の症状がひどいひとは読んでみてください。


うつ病の症状を予防するには。「解決法、体験談」

うつ病は思いからやってきます。

結論から言うと、うつ病の症状は自分の思い込みから

気分が悪くなると考えています。


うつの症状は思いこみが激しい人にはとても

厳しい病気でもあります。


そのうちの僕も思いこみが激しいです。


思いこみの理由としては、

思いこみで気分が悪くなるのはあると思います。
とにかく少しでもしんどくなりそうだなあと
思えば違う考えを意識することです。

思いこみしだいで気分は悪くなったり

良くなったりするのでとても思い込みは

大事になります。



いい思い込みをできればしてほしいですね。


例えば、宗教とかも思いこみで成り立っていると

思います。


思いこみが強くなるともう考え方を変えることは

出来ません。


なので宗教の様にならないためにも

この考えは大丈夫だ。

と切りかえも大事になってきますね。


うつ病の解決策と言えば思いこみを
まずは減らしていく事。
思いが強いと信者になりますよ。


うつ病の症状がよく出る人へ。

うつ病の症状がよく表れる人は思いこみと

後は闘病生活がまだ浅い人の割合も多いと

思いますよ。


これが答えですね。

理由としては、

うつ病は経験値、が浅いと最初はみんな
しんどい道を歩かなくてはいけないと
思います。解決法はやはり経験値です。
毎日の積み重ね。

毎日の積み重ねでだんだん良い考えが生まれてきます。

そして精神的に大きく成長します。


具体的には僕は闘病13年目なので

あまり症状はでません。

やはりそれは経験値があるからですね。

辛い思いの方が記憶に残っています。


闘病年数を重ねれば重ねるほどうつ病は

症状的に薄くなっていきます。


答え、結論を言うと

最初はしんどい。どんどん性格を鍛えて
いってずぶとい精神力になること。
経験値はとても大切ですよ。


そこでうつ病の予防策をツイートしてみました。


嫌な経験をすると精神面が強くなります。
なのでまずは経験だと気分が悪くなっても
思うことですね。
予防策は実体験を得てからそこから
考えても遅くはないです。
とにかく闘病5年目を目安にするのもアリです。


うつ病予防はこれからの症状にも役立ちます。

うつ病予防は未来への健康に役立ちます。

うつ病の予防は経験で鍛えたら今まで怖かった物まで

解決できますし、いろいろな自信もつきます。


いろいろとは自分の苦手なことへのチャレンジ

できるというわけです。


その理由とは、

いろいろ経験してみてうつ病以外にも
役立つことは多くあります。
未来を見据えて今から動くと効果的です。


ではいろいろの経験とは何でしょうか?

例えば、僕なら外食が苦手だったけど

今では好きなものが食べれるようになりました。



初めて会う人には積極的に声を自分から

かけれるようになりました。


こんな感じでいろいろ経験していくと

思いもよらなかったことに繋がって

病気以外でも対策できますよ。


まとめると、

一個のうつ病の対策が、いろいろなことに
応用できるので結果的にはたくさん一気に
対策して克服できることもできますよ。


ここで僕のうつ病対策の体験談をツイートしてみました。


闘病生活には終わりはないと思います。
予防策にも終わりはないということですね。
でも予防を対策をしていても気分が悪く
なる時もあるのでその辺りは今の僕でも
少ししんどいですね。
ということで日々の生活をどう安全に生活できるか。

うつ病の症状がよく出るなら無理しない程度に


うつ病の症状が出るならできる限りの対策を。

結論から言いますとうつ病の症状は寝ないと

おさまらないこともあります。


その辺がとてもしんどいんですよね。

その理由としては、

うつ病は昼頃に気分が悪くなると
そのまま夜まで気分が悪くなることも
あります。まずは寝るとスッキリしますよ。


具体的にはうつ病はおさまりが悪いです。

なのでパソコンの強制終了をするように

自分で寝てしまうこともとても回避するには

大切になります。


もしふて寝しても目が覚めると気分が悪い症状の

時は一度もありませんので、


気分が悪くなると寝るのはオススメですよ。


まとめると、うつ病の症状は経験値を積んで

毎日楽しみながら対策法も考えて

それに向かって毎日生活していって

欲しいと思います。



対策法はまずは寝ることも大事ですよ。

これも効果はありますよ。



スポンサーリンク
スポンサーリンク