うつ病の闘病歴13年目になって過去に苦労したこととは。

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は闘病歴13年目の僕が過去にうつ病で

苦労したこと
についてお話していきます。

闘病生活がまだ浅い人はぜひ読んでみてください。


うつ病の闘病歴13年目になって過去に苦労したこ
ととは。

過去はつらい経験ばかりしてきました。

今うつ病の闘病生活がまだ1年目や3年目などの

人はかなりうつ病の症状に悩まされている

と思います。


精神病に悩まされるというのは当たり前のこと

なのであまり気にしなくていいです。



気にしない理由としては

うつ病などの精神病の方は悩まされるのが当たり前。

そういう僕も闘病13年目ですがたまに悩まされています。

悩まされる原因としてはうつ病の対策をしっかりと

取っていないため。



と考えられます。


うつ病になり1年、2年目となるにつれて

最初は分からなかった対処法が

だんだん身に付いてくるころなので

自分なりのうつ病のための対策が出来るように

なりますよ。


うつ病、統合失調症で悩まされる症状が
初期の悩みは、

・何もしてなくても気分が悪くなる。
・幻聴がしつこい。
・薬の副作用でボーっとする。

最初の1、2年目のころはこんな感じで悩まされます。

この中で幻聴について簡単解説してみました。

幻聴は初期の頃はすごくひどくて自分を
上手くコントロールするのが難しい
くらい幻聴に騙されて勝手な行動を起こすときも。

幻聴って結構しんどいんです。

最初のうつ病の中では最高クラスに

気分が悪くなる原因になります。



うまく幻聴から回避しようとしても

なかなか対応できずにしんどい思いをたびたび

起こしてしまいます。


最初は我慢比べだと思って根気よく幻聴に

対応していってください。


闘病初期の頃は本当に気分の浮き沈みも激しので

ここは頑張りどころです。


本当に最初はしんどいことの繰り返しです。

ですがこれは事実なのでお話します。


実際僕もずっと最初から気分を悪くしていた

人間なので闘病生活の初期の人の気持ちは

分かっています。



とりあえず闘病の初期段階は自分の調節が

上手くいかないことも多いので

半分あきらめていた方が良いと思います。


逆に自分はなぜ気分が悪くなるんだ。



と考えていてもはっきり言うときりがありませんよ。

なので闘病初期段階は我慢も必要です。


闘病生活は最初はとってもしんどいから
自分で解決しようとします。
でも本当の早い解決方法は身近な人に
話してみることも大事ですね。

最初は本当にしんどいです。

これは何回も言いますが事実です。

でもだんだん気分が良くなる実感も出てくるときが
ありますよ。


そうなれば少しは気が楽ですね。


そこで最初はしんどいですよツイートをしてみました。

症状の初期の頃に気分が最高に悪くなるのは
みんな経験しています。
言わないだけですね。
言わない理由は今が精神面が安定しているから
だと思います。
でも症状の初期段階は気を付けないとケガしたりもします。


13年経ってもしんどい時はありますよ。

うつ病のベテランでも気分が悪くなります。

闘病生活13年目でも気分は悪くなる時はあります。

月に1度か2度は気分が悪くなる前が分かるように
なります。

なので気分が悪くなりそうだなあと感じた時は

自分なりの対処法を行っています。



ですが対処法をしても効き目がなかったり

するのできやすめかもしれませんね。


正直ベテランと言っても気分が悪く
なってしまうのにベテランと言っていますが
本当はまだまだ経験不足かもしれませんね。

闘病生活が僕より上の人ってたくさんいると

思います。

なので僕がここで偉そうに語ることは

できないんじゃないかなと思っています。


でも上を見ながら今をいろいろ試行錯誤して

経験を積んでいくともっと良くなりそう。


だと思いませんか?


例えば闘病生活20年の方も苦しんでいる時は

あるみたいですね。


でも気分が悪くなる頻度は少ないですね。


この理由としてはデイケアに行った時に

お話を聞けたので今でも心に残っています。


薬とはずっと向き合っていくかもしれませんね。

どんなに経験年数が増えて行っても、

例え症状がほとんど出なくても薬との関係は

ずっと続くかもと思います。



薬で症状をおさえたり、時には睡眠を快適に

とるための薬も飲んでいます。


診察に行くと年齢関係なしにお薬をいろんな方が

もらっているので結構長い目でみないと

いけない症状、病気なんだなと思うしかないですね。



そこで薬の関係性についてツイートしてみました。


薬とうつ病の症状は薬で成り立っているかも
しれません。
薬を飲まなかったら再発の危険性があるわけで
薬は症状が軽くなっても保険として飲み続ける
しかないのかなあと思いました。
これは正しいですね。


過去に苦労したことは人とのかかわり方です。

精神病になると人との交わりが減ります。

うつ病になると人とのコミュニケーションが

だんだんとれなくなると思います。


上手く話さなくてはいけないという感情もありますが、

例えば症状が出ている時に


人と話そうとすると、とてつもなく怖いです。


その結果人との関わりが減っていき

最後には訪問看護の方とのお話くらいしかできなく

なるかもしれないからです。


人とのコミュニケーション能力も病気の
症状で上手くしゃべれない時があります。
その壁を乗り越えていくには経験が必要です。



僕はもとから話すのが得意じゃなかったし

友達とも会わないのであまりしゃべることに

関しては無関心でも大丈夫だと思います。


コミュニケーションは最悪無理に話さなくても

大丈夫だと考えています。


最低限話すなら職場の人や家族の人に

話す程度で僕は良いと思っていますね。


闘病生活を続けていくといろいろ挑戦できます。

闘病生活を頑張って戦って生きていると

様々なことにも挑戦できるようになりますね。


例えばブログを始めてみたり、発信をしてみたり。

いろんな可能性があります。



こういう自由なことができてきだすと

もう精神面は安定していますね。


いろんな挑戦をしていっても良いと
僕は思います。


症状が落ち着いてきたら働くなんてこともできちゃいますね。



可能性は人それぞれにあると思います。
それは自分だけではなくみんなにも
訪れるご褒美だと思っています。

もう闘病生活10年いかない人でも職に就いたり

しているのでびっくりですね。


本当に精神障がい者ですか?

と聞きたくなるくらいに不思議に思います。


とりあえず症状が落ち着いてきたら何か

始めたくなるので症状が落ち着いてきたら

これをしよう。



とか思っていたり決めていると良いかもしれませんね。


最初はとてもしんどいですがだんだん症状は

安定してきますから

無理をせずに自分のペースで毎日を楽しく


過ごして欲しいなと思います。

無理はしないで安全に生活を送れば


多少のリスクは回避できますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク