うつ病を早く治す方法なら薬と時間が必要です。

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回はうつ病を早く治したいなら薬と時間が

必要な理由
を紹介していこうと思います。

とりあえず読んでみるだけでも分かってもらえると

思います。


うつ病を早く治す方法なら薬と時間が必要です。

うつ病を急いで治したい人へ。

うつ病を早く治したいなら何かいい方法は

ないのかな。


と僕も同じようなこと考えていました。


ですがうつ病13年目の僕からしたら、

そんな都合のいい薬は今まで出会ったことがありません。


別に何か特効薬があるなら話は別ですが。

うつ病歴13年目の僕が考えた早く治したい

方法を考えてはみました。


・処方された薬をしっかり飲むこと。
・睡眠時間を確保する。
・時間の流れが症状回復に進む。

こんな感じですがうつ病を治すにはこれくらいの

事をしていけば早く治るかもしれません。


その中で重要なのが薬を飲むこと。

睡眠時間を確保する事。

ですが、時間の流れが症状を回復に進む。


時間の流れで回復するのかという説明を

してみます。


時間が進むと症状は少しづつ軽くなります。
これは確実で僕の場合は毎年症状が良くなり
だんだん不自由のない時間を過ごせます。

結果的には時間のおかげでうつ病13年目の僕ですが、

今では自由に好きなことをして生活しています。


薬を飲むというのも大事ですが薬は症状が軽くなっても

飲み続けなくてはいけません。


後は薬はその場しのぎみたいな効果くらいしか
ないのかな。


というようなことが僕の考えではあります。

ですが処方された薬を飲むことはとても大事。


この先の未来をいい方向に連れて行ってくれるのが

薬の良いところではありますね。


うつ病は早く治したいけれど。薬の大切さと

時間の経過の大切さ
には分かってくれたかと

思います。


そこでうつ病を治す方法についてツイートしてみました。


うつ病がやっと楽になるまで僕の場合は5年かかり、
普通の生活も不自由なくほとんどこなせるように
は今は僕はそれまで回復しています。
でも症状の最初の頃はしんどい毎日の繰り返し
なので症状に負けずに乗りきってもらいたいですね。


処方された薬はしっかり飲んで予防すること。

薬を飲むことで土台ができます。

薬を飲むことで土台ができてその後に時間が流れて

徐々に症状が軽くなりますよ。


僕の場合は薬は毎日飲まないと効果がずっとは

続かない
ので薬の飲み忘れはしないように

気をつかっています。


薬は毎日飲むことで効果を発揮して気分が

悪くならないように最低限で症状をおさえる

役割をしてくれます。


時間の経過で楽になると言いましたが、

薬を飲まずに時間の経過だけを期待しておくと

しんどい思いをしながら時間の経過を待つ。


ということになります。


薬はそれだけ症状を助けて軽くしてくれます。


薬を飲むことのメリット。


・症状をやわらげる。
・飲んだことへの安心感がある。
・症状が回復して普段通りの行動ができます。


薬というものは不思議なもので薬を

飲んだら、良し!これで大丈夫だ。

気分は悪くならないぞ。


というような安心感を与えてくれます。

僕はうつ病13年目ですが、

今でも10粒くらいは一日に薬を飲んでいます。


とりあえずのんでみるか。

でもいいのでなるべく薬の飲み忘れはしないように

してほしいなと思いました。


そこで薬に関するツイートもしてみました。


薬を飲むということは未来の自分の投資です。
それができて本当に薬の意味が分かるし、
症状が出ないようにの予防にもなるので
薬に助けてもらっていますよ。
症状が良くなると薬の数も減るのでそこは
嬉しいところですよね。


薬と時間の両方でうつ病を撃退する。


治療法は多ければいいです。

治療法は多ければいろんな効果があってそれで

うつの症状も落ち着いてきます。


治療法が多いというのはまずは薬と時間が大切。

あとは入院も経験できるし入院したら点滴と

適切な治療をしてくれるので


入院と聞けばいいイメージがありませんが

精神的には効果はあります。


僕は過去に2週間入院しましたが、

正しい生活リズムも送れるので


結果的には入院で一皮むけました。


治療法は多ければいろんな選択ができて
かなり効果的です。
あとは入院もしてみれば新たな自分に出会える
場所かもしれません。

入院したら新たな自分の発見ができると思いますね。

僕は入院で多くのことを学びました。


やはり同じ病気の方が入院しているので

僕は他の人と話さなくても、どんな病気なんですか?



と聞かなくても意思の疎通はできました。


薬と時間はずっと変わらない。

僕がうつ病になってから感じていたのは

薬と時間の経過で治っていくんだなあと思いました。


時にはしんどい時もありますが、

主治医の先生からは自然に傷はいえていくよ。


と言われてそれから僕はあせらずに治療に専念しています。


とりあえず薬は時間の経過でどんどん副作用が
軽くなる薬も出してもらえるようになりました。
後は薬と時間をゆっくり消化していくだけですね。

薬と時間は同じくらい大事なのでここは

気をつけて覚えておいて欲しいですね。


今では情報発信ができるようになり、

YouTubeでは優しいコメントももらえるようになりました。


なのでうつ病は治療もしっかりしてから

僕みたいに情報発信もできるので

薬と時間を大切にしていきたいなと


僕も思いますね。


薬と時間を大切にしていくのは闘病13年目

の今の僕でも同じく大切にしていきたいです。


これから症状は心配しなくても軽くなるので

あまり深くは考えないことですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク