しんどくなったら自分の落ち着く場所を決めておくと良いです。「安心します」

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は気分が悪くなったら自分の落ち着く場所に

移動すると落ち着きます。


といったテーマで書いています。


1、しんどくなったら自分の落ち着く場所を決めておくと良いです。「安心します」

しんどいときは誰にでもおとずれる。

しんどい時は自分の安心する場所に移動すること
です。

そうすることでしんどい精神病の症状から少し

逃れられます。

理由は、

症状が出て気分が悪くなるとどこかで
休みたいですよね。
もししんどいならカフェやベッドに
いってリラックスすること。

精神病は僕は長いのでしんどい時がきたら
すぐに休憩します。

例えば、僕なら気分が悪くなると自分のベッドに

横になり、精神病の症状がおさまるのを待ちます。

たまに深夜にしんどくなる時は3時間くらい

寝付けない時もちらほらありますね。


特に多いのがパソコンの見過ぎで気分がめいる時も
あるんです。

しんどい時は誰にでも訪れる。
そこをどう上手く乗り越えていくかは
自分の経験次第ですね。


自分の落ち着く場所を見つけること。

自分の落ち着く場所を見つけておくのは

かなり有利に毎日過ごせます。

とにかく自分の落ち着く場所はメンタルの
回復につながるからです。

理由は、

まずは自分の好きなことに集中して
いる時も症状はあまり出ません。
なのでメンタルを安定に保つには
自分の落ち着く場所で好きなことをすることです。

好きなことをしている時は夢中になるので
良いメンタルの安定に効果があります。

例えば、落ち着く場所は人それぞれですね。

カフェだったりお風呂だったりします。

でもメンタル的に考えると心を休ませて

症状をおさえるなら目を閉じるのが一番効果的です。

これは闘病13年目の僕が見つけたリラックス法です。

落ち着く場所はやはり布団だと思います。

睡眠を取ると意外に目がさえて気分爽快です。


基本は落ち着く場所をどこか先に決めておく。
しんどくなれば今までの経験を生かして
自分の得意な対策を試みること。


落ち着く場所についてツイートしてみました。

自分の落ち着く空間を二つくらいは決めて
おくと良いですね。
落ち着く空間は自分の好きな場所でも良いですね。
好きな場所なら自然に心が落ち着きます。
しんどい世界を生きるなら心休まる場所を
確保してください。

スポンサーリンク


2、落ち着く場所を決めておくと効率いいです。

落ち着く場所は気分がいいです。

落ち着く場所が気分がいいのは、

思いっきり作業ができるからですね。

とにかく落ち着く場所での作業は効率いいです。

理由、

自分の好きな空間でブログ書いたりすると
とても気分がいいですね。
かなり落ち着くし集中もできる。

自分のリラックスできる場所で作業を
していって欲しいと思います。

具体的には、ゆっくり休めてしかも気が向けば

自由に活動できる。


そんな自由な落ち着く空間を見つけて欲しいと

思っています。


もし自宅で仕事の時でパソコンを使うなら

自分の部屋やカフェに行って落ち着くのも

最高の場所ですよね。


ちなみに僕は自分の部屋とリビングでブログ記事

書いています。


自分の好きな場所なら作業効率
アップが狙えます。
最近では自宅です仕事する人も多いと
思うのでますます自由に落ち着ける場所を
見つけて欲しいです。

そこで落ち着く空間を利用する方法も
ツイートしました。


作業効率を上げるなら落ち着く場です。
気分も落ち着かせたい時は自分の落ち着く場所です。
落ち着く場所にいるとなんでもやる気にもなりますし
リラックスもできます。
気分を落ち着かせるだけでなないのです。


3、しんどさを翌日に持ち越さない。

なるべくゆっくり休んでおくこと。

疲れを翌日に持ち越させない方法としては、

できるだけ自分の好きな場所で好きなことを

することだと思います。


理由は、

せっかくの休日明けに疲れを残していたら
月曜日から疲れが抜けていない状態になります。
なのでなるべく自分の好きな場所、時間に
有効にリラックスしていくこと。


本当に休日にしっかり休ませないとメンタル面が

やられてしまいます。

これは特にしんどい状況です。

しっかり睡眠がとれていないのも

次の日のパフォーマンスも落ちてしまいます。

ゆっくり休んで精神面を回復させる。

コレ重要です。

疲れを翌日に持ち越さないように
してよく寝ることと、お気に入りの場所で
過ごすこと。

自分の好きな空間でコーヒーでも飲みながら

ゆっくりしているとかなりリラックスできます。

大事なのは自分の落ち着く場所を見つけることです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク