もしも統合失調症になってしまったら。

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは!カズです。

現在統合失調症12年目の僕がもしもあなたが統合失調症になってしまったら?

という視点で語っていこうと思います。

 

ぜひここで対策方法と回避方法を学んでください!

 

もし統合失調症になってしまったら。

 

もしあなたが統合失調症になってしまったら?と考えますよね。

でも元気な人だったらなんだろう?

 

と思うのは当たり前です。

そこで僕が経験談を交えてお話していきます。

 

結果、結論から言うと統合失調症になったら失うものが大きいです。

僕は都会で一人暮らしをするという夢を奪われました。

 

1年~5年目が正直一番しんどいです。

 

最初の1年から5年目はまだまだしんどいですね。

気分が悪くなるのが強烈に襲ってきます。

 

休む暇もありません。

最初は幻聴から始まりましたね。

 

次に思いこみが激しくなり、周りの音に敏感になったりだとか。

かなり自分の心をコントロールするのが難しくなります。

 

統合失調症1年目は幻聴がとてつもなく聞こえてきてまるで生きている

人が話していると錯覚するくらいに鮮明に聞こえ始めます。

 

 

それが原因で1人で笑ったり悲しんだり、絶望したりなどずっと布団のなかで

うずくまっていました。

 

幻聴が現実と区別がつかなくなり生活に大きな支障が出てきます。

最初の頃、1年目から3年目はこんな状態が続きました。

精神科もなすすべがない

 

現在は週1の精神病院への通院ですがまだ1年目とか2年目くらいは

2か月に1回とかの精神病院への通院でした。

 

精神科の先生も最初の統合失調症という精神病は最初の頃は

なすすべがなく最初は様子み。

 

といった方法しかなかったのでしょう。

のちのち調べてみるとやはりそうでした。

薬は必ずもらいましょう!

 

2か月に1回とかでの通院でも一応お薬は出してもらっていましたね。

でも当時の僕はやせていたので薬の中に食欲増進剤が入っていることに

 

気づかずに確か10キロ以上太ってしまいました。

当時は夜もご飯を食べるようになってしまったので

 

1日4食とお菓子を食べる行為が毎日続きました。

 

ちなみに今はダイエットして標準の体重をキープしていますが。

太るのが嫌で食欲増進剤を飲まないで捨てていた時期もありました。

 

 

本当はそんなことをしていてはダメです!

 

処方された薬は正しいのでちゃんと飲みましょう。

 

もし統合失調症になってしまったら薬を飲むことと

ちゃんと通院して治療に専念してください!

 

当時の僕は大丈夫だろう。と

思っていましたがでも症状が出ると、やっぱりダメか。。

 

と落ち込んでいました。

 

それぐらい感情の浮き沈みが激しいのです。

もしもですが軽い幻聴などが聞こえてきたり、気分が高ぶるのが

 

多くなってきたら、真っ先に精神科に駆け込んでください!

 

素早い対応が必要だと思います。

 

簡単にここまで説明しましたがまだ伝えきれないことがあるので

また覚えていたらだけどご紹介しようと思います!

 

では良い明日を!

 

明日は必ず来ると思って最近頑張っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク