上手にストレスを解消するには。「何もしないことも大事」

体験談

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちはカズです。

今日は上手なストレス発散について記事を書いていきます。

この記事の内容は職場や精神面でのストレス発散に

ついて書いています。


ストレスが抜けきれていないことは、

何もしないことなんです。


1、上手にストレスを解消するには。「何もしないことも大事」

上手にストレス発散したい人。

上手にストレスを発散する方法としては、

先ほども言いましたが基本何もしないことです。

一番のストレスは何もしないことで体調が良くなってきます。

理由としては、

本当の疲れた時のストレスは何もやる気が
出ないです。
なのでゆっくり体を休めてあげることがとても大事です。

何もしなくていい。これが一番のストレス
発散方法です。

例えば仕事もみんな違うし、ストレスの発散方法も

十人十色です。

なのですが、一番効果的なのが本当に疲れた時は

何もしないことなのです。

本当に疲れていたらやる気なんか出ないですから。


他のストレス発散方法は、

・カラオケに行く
・気の合う友達との食事
・お酒を飲む

今思いついたのでこれくらいです。

でもかなりしんどい、疲れた。

となると寝たりして何もしないことが超重要です。


職場でのストレスを上手に発散

職場でのストレスの発散方法はまずは精神面的に

考えると、通勤のストレス。が一番きついです。

僕は朝の仕事で通勤している時が一番ストレスを

感じやすいですね。

理由は、

また仕事かー。とため息まじりで通勤していて
今日のやる仕事のことを考えると
胃が痛くなっていました。
特に休み明け。

こうなると仕事始まる前からうつになりますね。

例えば、職場の騒音やエアコンの効きすぎなど

色々な職場でのトラブルも起こります。

上司の方からの注意などされたらもうダウンです。

なのでとりあえず仕事中に気が紛れるように

スマホゲームで休憩時間に息抜き、ストレス発散を

今もしています。


職場での重圧のかかったストレスを
上手に帰り道などで抜いていって
家に着いたら最高にくつろぐことを
オススメします。

スポンサーリンク


ここで上手なストレス発散方法について
ツイートしてみました。


ストレス発散は必ずしないと本当に
僕みたいに精神病になりますよ。
精神病でもストレスはたまるのでやっかいですね。
仕事場でのストレスは家で解決できるような
ものがあればいいと思います。
特には自分の趣味などをするのもアリですね。

2、こんな人はストレスをためやすい。

こんな人は要注意です。

ストレスをためやすい体と心。

逆にストレスをあまり感じない人もいます。

ですがストレスを特に感じる人は自分を見直してみること。

こんな感じがストレスためやすい人の
特徴です。


・思ったことを言えない。
・自信が持てない。
・自分の行動を振り返ってはクヨクヨする。

ちなみに僕は全部当てはまります。

しかも仕事中にも起こります。

理由としては、

人当たりが良くて優しい人がストレスの
爆弾を抱えています。
ストレス爆弾を爆発させてしまえば精神病の
誕生です。

小さなことでもクヨクヨしていると

ストレスに強い心の持ちぬしでいなければ

本当に精神病になってしまいます。

統合失調症の僕がいい見本ですね。


ストレスなくて仕事がやりがいがある。
のは分かります。
でも見えないところで気をつかっているので
家に帰るとしんどいかもしれませんよ。


ストレスをためやすい人についてツイート
してみました。


ストレスためるとろくなことないですね。
どうやったらストレスのない毎日になるのか。
本当にやってて楽しい仕事はあるのか。
巡り合えれば嬉しいですね。
現代ではストレス社会。
なかなか逃れるわけにはいかなそうです。


3、休日はストレスをためないこと。

休日こそストレスためてはダメ。

休日こそストレスをためるのは良くありません。

体に悪すぎます。


あのである程度のストレスは我慢しても

羽を伸ばせるように休日は過ごしたいですよね。


理由としては、

休日こそゆっくり寝たい人もいるだろうし、
自分の好きな趣味に集中するのも良いですね。
休日こそは心と体を休ませることですね。

せっかくの休日はストレスを上手に抜くことです。

それは次から始まる仕事に備えるため。

休日はすぎるのがとても早いです。

仕事中こそ時間は早く進んでくれないし

ストレスもたまる。

だけれどその場から逃げるわけにもいかないし。

ストレスと上手に向き合いながら
バランスよく1週間を過ごして欲しいです。
とにかくバランスの良いストレス発散を行うこと。


上手にストレスと戦いながら毎日を

生き抜いて欲しいです。

ストレスは自動でたまるのでストレス発散を

挟んでうまく毎日を過ごしていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク