仕事と休日の切り替え方が大事な意味とは

思いつき

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は仕事と休日の切り替え方についてお話ししようと思います。

仕事と休日の切り替え方が大事な意味とは

僕は仕事を始めて1年が少し過ぎました

そこで自分なりに大事に思ったのが、仕事と休日は別のようで

 

別ではない。

特別な関係があることを実感しました。

 

それな何かというと、休日でゆっくり休むと次の日の仕事の起きた

瞬間から行きたくないような気持ちにさらされます。

 

それはなぜかというと、仕事で慣れていたリズムが休日で

すっかり仕事リズムが忘れていて次の日の仕事の日まで持ちこされてしまうんですね。

 

まだ僕は仕事を始めて1年目なのでまだその辺の上手な切り替えが出来ていない。

そうなるんでしょうか。

でも仕事と休日は別物の様に見えて実は同じこと。

を発見してしまったので休日をこれからどう過ごすか考えていかないと

 

いけないし、上手な休日の過ごし方を模索しなくてはならないでしょうね。

あまり休日を楽しむな!

 

と言ってもそうはいきません。

なので今の僕の頭の中にあるのは休日の寝る前までには明日の仕事の事で

 

頭で考えて次の日の仕事に向かう。

と考えてみてはどうでしょうか?

体の疲労を回復させるのが一番

それでは休日はいかにして過ごしていけばいいのか?

答えは自由です

 

人それぞれですよね。

ですが自分の場合はとにかく疲労を抜いてリスクをおかさない

 

休日にすること。

そしていかに充実した休日にするかを考えるとっても大事な時間だと

 

思います。

第一に体の疲労を少しでも抜いて次の日の仕事に向けていきたいですよね。

朝の起きた瞬間をよし!今日も頑張ろう!

と思える様な仕事始めにしたいですよね。

 

休日は嬉しいけど仕事日の日のテンションが下がる。

のは避けたいところ。

 

仕事のベテランの人でも、例えば親でも仕事行きたくないと言います。

すごく長く働いている人でも明日嫌だーとかいう人いますよね。

 

みんな仕事って嫌なのかな?

そう思います。

今まで休日をたくさん過ごしてきたから

僕は今まで仕事日よりも休日を過ごしてきたからすごく仕事始めはゾッとします。

ですが気持ちを仕事モードに切り替えるために今日は大丈夫!と

 

自分に言い聞かせて仕事に向かいますね。

これから休日から仕事への切り替え方をもっと上手にしていきたいなーと

 

思いますね。

 

とにかくメンタルを整えるのが一番の方法だと思います。

仕事の疲労はいつしか抜けるのであとは気持ちの持ち次第。

 

メンタルですよね。

どんどん前向きに考えていければいいんですけど。

 

これから仕事と休日の切り替え方を意識して充実した休日を

過ごしていきたいなと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク