体験談ひどい体調不良になる前に入院をすすめる理由

体験談

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回はもしあなたが精神病でしんどい時に僕も経験した入院する。

ということを目的に記事作成しようと思います。

 

ぜひ入院を考えている方は読んでみてください!

 

体験談ひどい体調不良になる前に入院をすすめる理由

僕は過去に約3週間ほど入院した記憶があります

確か年末くらいだったかな。歌番組がたくさんあり自分自身が情けなくも入院していて

思ったことがありました。

 

ハッキリ言うと入院は怖くありません。気分が悪ければだれでも病室が空いていれば

入れます。

 

なぜ入院を勧めるかというと家で気分が悪い状態では何もお家で対処、処置できませんよね。

ですが病院なら点滴したり薬をもらったりできます。

僕はもうこれ以上気分が悪くなるの嫌だから先生に早く入院させてください!

と言った経験があってそのまま入院しました。

 

なので気分が悪いのを決して我慢してはいけません。

また新たな病気が発症するリスクもあるのでその辺をふまえて入院するようにしてくださいね!

 

何回も言いますが入院するということは何も恥じゃない。

それだけです。

 

入院すると同じ病気の方もいるので安心できます

僕が入院して感じたことは入院すると同じような症状の方がたくさんいます。

なので入院したからと言ってテンションを下げなくてもいいんですよ!

 

むしろ安心感さえ覚えますよ。

僕はあまりにも居心地が良かったので3週間はあまり苦痛ではありませんでした

 

ひとつあげるとすればベッドでほぼ生活するので何か本やらゲームやら持って

いったほうが良かったかなと思いますね。

 

この辺は精神病や普通の病気の方の入院の退屈さは同じですね。

精神病院の部屋はなぜかだいたい個室が多いです。

 

僕も個室に入院しました。

でも、部屋で過ごすのもいいですが精神病院での楽しみの一つがご飯が美味しかった。

 

という思い出もあります。

ご飯と風呂は毎回楽しみにしていました。

 

入院で起こる現象はたいてい暇なことでしょう。

僕の場合は精神科のアドバイスをくれる先生が週3くらいで話があったので

 

楽しみにしていましたね。

 

入院したらもう入院はしなくなりました

僕は入院したら自分から入院したいと言わなくなったのであれ以来入院はしていません。

ですが入院は怖いものではなかったし、あえて言えば自分の精神病を改めて

 

考えさせてくれる場所

そう思ってまあ入院生活も苦じゃなかったなあと今になって思っています。

 

これから入院したいがどうしようなど考えている人はこれを読んでみて

よーく考えてみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク