作業の息抜きにテレビゲームするのが鬱の僕にはちょうどいい理由

思いつき

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は作業の合間や終わった時に息抜きをするという理由を書いていこうと思います。

息抜きは誰でもしてほしいなと思います。

 

作業の息抜きにテレビゲームするのが鬱の僕にはちょうどいい理由

息抜きや作業の合間に何か好きなことをしてリフレッシュするということは

誰にでも必要だと思いますし、

 

みんなやっていると思います。

それが僕の息抜きはたまたまテレビゲームをするということ

 

ただそれだけなんです。

人によれば音楽を聴きながらコーヒー飲んだり、映画鑑賞したりと人それぞれですよね!

 

テレビゲームには僕はすごくお世話になっていてスマホゲームよりも

テレビゲームが好きですね。

 

でも数年前なら毎日何時間も息抜き以上に費やしていましたが、

最近では作業が一通り終わればガッツリ深夜テレビゲームしています。

 

特に明日仕事が休日ならホントに寝る間も惜しんでゲームしている日もあります。

それが現在僕の鬱にはちょうどいい運動になっているんです。

 

休日は昼に起きて速攻寝起きで動画を撮影し、編集。

そのあとブログネタ、動画ネタを考えて夜になるとブログ更新、

 

ブログネタなどを考えてそれがちゃんと終われば僕はテレビゲームをする。

と決めています。

 

これが最近の日課です。

 

テレビゲームがないと作業は務まりません

テレビゲームその他の人は別の趣味になりますが、僕はテレビゲームの

息抜きがなかったらブログも、動画撮影も毎日更新はしないと思います。

 

それかもう諦めているかです。

僕にとってテレビゲームは腰を据えてやるのが好きなので

 

この楽しみの時間がないとストレスの発散やモチベーションが上がらずに

作業が務まらないなと確信しています。

 

それだけ息抜きが大事と思うんです。

とくに鬱の方ならテレビゲームの世界に入ってその時間は自分の鬱のこと何か

 

忘れることができるのでいい薬だと思います。

息抜きにするテレビゲームはホント素晴らしいです!

 

作業と息抜きのバランスを考える

ずっと作業しててもしんどいし、ずっとテレビゲームをしていたら楽しいですが

廃人になるのでやはり仕事とテレビゲームのバランスが大事だなと思いました。

 

本格社会人になってゲームする時間は減りましたが楽しくテレビゲームばかりやってる時代より充実しています。

息抜き、僕の場合はテレビゲームに熱中すると過去のさみしい出来事などを

 

忘れることができるのでゲーム機に助けられています。

なので自分に合った息抜きを見つけて仕事や作業の効率アップ

 

繋げて欲しいと思います! 以上です。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク