僕がひきこもりを抜け出した方法

体験談

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク


こんにちは!カズです。

僕がどうやってひきこもりから抜け出して

なんとか仕事してやっていけているのかをご紹介します。

僕もまだまだひきこもり癖が抜けません。



僕がひきこもりを抜け出した方法


どうやってひきこもりを抜け出したのか?



まず僕がひきこもりからどうやって抜け出したのかは

結論から言うと、自然と統合失調症、うつ病が落ち着いてきたから。です。

精神面が落ち着いてくると当時の僕は

「何かしたいなー。」 「暇だなー。」

と思う余裕まで出てきました。

ということで僕の気持ちが変わったのは精神の症状が軽くなった。

ただそれだけの理由です。


精神面が安定してくるとこんな気持ちが生まれました。


何か毎日暇だなー。ゲームしようかな・・。
暇だから昼頃から2、3時間でいいやれる仕事はないかなー。
そんな都合のいい仕事は見つからんのじゃないかなあ。


と、なんとも働きたいな。

といった気持ちが出てきました。少しこの段階では芽が出た感じ。

この時期ではもうすでに統合失調症歴は10年目くらいでした。

それまでは気分の不安定さに悩まされましたね。

やっと10年目で仕事したいの意欲が出てくるまで回復したのです。



ひきこもりから少しやる気に変わった現象



当時は働くなんて夢のまた夢でした。
ですが当時のネットで近くに仕事できるところはないかなー。

とタブレットで仕事を探していると、2時間30分の
仕事時間のお仕事を発見したのです!


こんな田舎で仕事場まで原付で10分くらいの距離にある
建物の中の掃除の仕事。

そこでこんなツイートをしてみました。


こんな仕事のない田舎で自分の家から近くにこんな
にいい仕事が見つかるなんて思ってもみなかった
のでびっくりしました。
これがひきこもり抜け出しの第一歩となります。


ひきこもりから抜け出せたけど


正直僕は職にはまだまだ就けないだろうなと思っていたけど

なんとか面接をし、職に就けたことは忘れません。

でも仕事に就くことがひきこもり脱出の一つでは

ありますが、まだいろんなひきこもりを抜け出す方法も

いろいろあるのも確かですね。



仕事終わりの現状

仕事は昼までだし昼から帰ってきたらずっと

ひきこもっています。

休日もあまり1人では行動しないのでほとんど
部屋にいますね。


ひきこもりから変わるのはやる気が大切かも。


何とか気持ちが精神面が落ち着いても何もやる気がない

無気力とかでは意味がありません。

そこでやる気のスイッチを入れて社会に溶け込んでいこうと
日々努力しています。


別に今では部屋にいながら仕事も出来るので
別に働くなら外に出る。

という感覚ではなくなってきたのかもしれませんね。



このままではダメだと危機感を持つことが大事です。


僕は統合失調症、うつ病になり13年目ですが、10年目くらいまでは

ひきこもり=親のすねかじり状態だったのです。

なのでおんぶにだっこはまずいと思い重い腰をあげました。

確かに今ではブログで発信して少しでも自分の気持ちを
発散して掲示板化しています。


ずっとニートではまずかったので働きざるをえなかったのは
真実です。



危機感についてツイートしています。


統合失調症、うつ病の方でもまだ働いていない人は
いると思いますが、働くことがゴールではないし、
正解でもないんじゃないかなとはたまに思います。
とにかく親が定年になるまでには立派になって
おきたいですね。


危機感を持てば抜け出せる


人間追い込まれるとやらないといけない!

という強い気持ちが出てくるのでそれを利用して

何かに挑戦してみるのもいいかもしれません。

僕は趣味程度にYouTubeで自分の精神病を発信しています。

適度に動画あげるのが楽しいですね。



仕事以外に成長できるものにも挑戦してみました。


仕事以外に挑戦したものとは何か?



僕は仕事を中心にしながらブログ活動、YouTube活動と今は
それを活動していますが、

やはりひきこもりから抜け出すにはまずは情報発信も
いいのではないかなと思っています。


ネット環境なら自分の価値を知ってもらえるので
部屋でまずは情報発信してもいいんじゃないかなと
思います。

とにかく今はいろんなひきこもりから抜け出す方法が

あるので自分に合った方法を考えてみると

いいのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク