僕がもしうつ病を中学生、高校生くらいで発症していたら

日記

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。
今回はもしうつ病が中学生、高校生あたりで発症していたら

その時の僕はどんな心境か?
学校生活を送っていけるのか?

など考えていきます。

現在学生で精神病になっている人にも勇気をあたえたいですね。

・僕がもうつ病を中学生、高校生くらいで発症していたら

もし僕が中学生、高校生くらいでうつ病になっていたらと思うと
正直怖いです。

怖いしまず学校生活は送れなかったのではないのか?
と、考えただけで途方にくれます。

でも現在同じうつ病で現在学生でうつ病の方で学校生活を
送っている人がいるならば僕は尊敬します。

うつ病を治療するだけで必死なのにさらに勉強とうつ病の両立

をこなすなんて凄すぎますよね。

ちなみにこんなツイートもしてみました。



こう考えてみると学生のうつ病持ちの方は正直すごいなと思います。
自分なら授業に身が入らないでしょう。

うつ病じゃなくても勉強には必死になれなかっただけに
自分じゃ無理だ。終わりだ。

と思ってしまう結果ですね。

・中学生や高校生の学生側の気持ちに立っ

て考えてみました。

もし僕が学生ならどんな学校生活を送っているだろうと考えてもみました。

考えてみることで少しは学生の気持ちも分かってあげたいのです。

最近Twitterなどで学生時代にうつ病を発症し、学校を退学する。
という人を僕は多く観ています。

学校生活を送るのに大事なことは何かまとめてみました。

1、人や友達とコミュニケーションをとること
2、授業に集中して取り組むこと
3、いかに気分が悪いかをごまかすか、知り合いにカミングアウトするか

やはり一番大切なものはコミュニケーションですね。
コミュニケーションをとらないと

「コイツ変なやつだな。」

そう思われる可能性もありますよね。

なのでこの三つは学生なら取り組んでいって欲しいところ。




・うつ病で学生時代を経験したら得るものは大きいです



学生時代に精神病になるというのはこれは貴重な
体験談
になるうんではないかと思います。

学生にしか分からない得るものというのがありますよね。

なので言い返してみれば学生時代にうつ病を経験しておくことは
本当にいい経験だなと思います。

自分は学生だから終わり。

とは考えずにいろんな可能性があるし、
もし今学生でうつ病を抱えている人がいるなら

ぜひ乗り越えていって欲しいと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク