僕は不登校でした

思いつき

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は過去に僕が不登校だった日々を思い返して記事にしようと思います。

 

気軽にこんな人もいるんだ。

と思ってもらえたら嬉しいです。

 

僕は不登校でした

僕は小学4年生から6年生まで不登校でした。

学校に行ったり、行っても保健室や校長室などに引きこもる。

 

教室へは一切行かない。

そんな日々を約3年間続けてきました。

 

なぜ学校に行かなかったかというと当時の自分なりの理由が、

何をするのも面倒くさい!

 

という気持ちから授業をさぼっていました。

でもたまに理科や体育のサッカーの授業は出席してましたよ。

 

当時もサッカー好きだったので。

 

でも不登校でも先生が熱心に僕のところに来てくれて勉強を教えてくれた

ことを思い出します。

 

例えば保健室で算数の宿題したり、

放送室で給食を食べながら先生に教わったり。

 

本当に全員の先生方にはお世話になりまくった。

とありがたく思うし、今では当時の思い出が僕の宝物です。

 

正直教室に通わなくても勉強ができました。

 

僕は家から学校まで歩いて5分くらいの超近いところに住んでいたので

よく先生が家に訪ねてきてくれていました。

 

当時の僕からしたら誰も来るな!

としか思っていませんでしたね。

 

今思えばありがたかったのかなー。

とか感謝の気持ちが浮かび上がります。

 

その時の訪問もいろんな先生が訪ねて来てくれました。

ですが僕は家の鍵をドア、窓など全部閉めて先生を家の中に入れさせないようにし、

 

いるのは分かっているのに静かに息をひそめていました。

今思えば笑えてきますよね。

 

土日以外は毎日こんな感じで日々が過ぎていきました。

給食にだけ食べに来てよー!

 

と先生が言っても嫌だの一点張り。

 

これって先生からしてもいい思い出なんでしょうかね?

でももう一回会ったら今度は謝りたいですね。

 

あとはありがとうございますと、お礼も言いたいです。

 

普通の学校生活を送るよりドラマがあった気がしますね。

 

中学生から頑張ろうと心に決めた

こんな僕ですが小さいながらに思っていたのが、このままじゃやばいから

中学生から頑張って通おう!

 

と心に決めていましたね。

とりあえず中学生になったらいろんな小学校から生徒が集まるので

 

友達出来るかな?できるといいな?

と思ってました。

 

確か小学4年生頃からは中学になったら学校行く!

と決めていたんじゃないかな?

 

でも中学生になって少し不安だったのが勉強でした。

小学生で習うところが、学校行かなかったのでガッポリ穴が開いていたんですね。

 

なので最初は訳が分からずにせっせと勉強に力を入れました!

でもテストの点数は良くありませんでした。

 

でも小学生よりも中学生の方が楽しかった思い出がありますね。

 

部活は積極的に選ぶ

中学生になれば今度は部活動ですよね。

僕は部活動ではどうせやるならみんな同じくらいからのスタートで

 

レギュラー狙えそうな部活がいいなと思い、

ソフトテニス部に入部届を出しにいきました

 

問題なくソフトテニス部に入部して最初は20人くらい1年生がいたのですが

だんだん減ってきて最終的には10人の新1年生の部員になりました。

 

当時僕が入ったころにはテニスの王子様が流行っていたので

コートでテニスの王子様の必殺技の練習をそっちの方を練習していましたね

 

ほぼ遊びでした。

 

顧問の先生はベンチで寝ているので怒られはしませんでしたね。

なんと飽き性の僕は中学を卒業するまでの3年間ずっとソフトテニス部にいました!

 

これは今でもよくやったなあと。

3年間続けてこれたことが誇りに思います。

 

中学時代はエンジョイしよう

部活も勉強も恋愛もどれも全部エンジョイしたかったのでどれもおろそかに

したつもりはありませんし、

 

今こうやって文字を打ちながら当時の思い出が蘇ってきますね。

部活は休む日もありましたがほぼ通って、

 

勉強は進研ゼミを始めていたのでそれで勉強特訓しました。

 

なんと恋にも挑戦して人並みの結果だったかな。

ですが一番の思い出はないです。

 

中学生時代の思い出は特にありません。

楽しかったですが、これだと思う思い出がないのです。

 

当時の中学生になっても学校を休みがちだったのでたまーに担任の先生が

家まで迎えに来てくれていました。

 

これもありがたいですよね。

中学生にもなってなにしとんの!

 

と言いたくもなりますが許してほしいです。

さすがに迎えに来てくれたら学校には行ってました。

 

過去の不登校歴は後悔していない

今までの学校休みがち生徒でしたが、悔いはないですね。

逆に不登校してて良かったなと、

 

思えるようにもなりましたし。

僕は学校には向いていなかったのかもしれません。

 

もし小中高時代に統合失調症になっていたらまず登校はしなかったかなあ

と思っています。

 

一番の思い出はやはり小学生時代でしょうか?

先生が真剣に僕に合わせてくれたのが心に今でも残っています。

 

これからもこの今までに関わってくれた先生たちに感謝を言いたいとブログを

通して言いたいですね。

 

ありがとうございましたと。。。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク