学校は嫌なことから逃げても良い。「不登校でも問題なし。」

体験談

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は不登校について書いていきます。

ちなみにぼくは小学校4年生あたりから

不登校でした。
その時の気持ちを思い出しながら

書いていきます。


1、学校は嫌なことから逃げても良い。「不登校でも問題なし。」

小学4年生から不登校でした。

結論から言うと小学生でも高校生でも不登校

でも大人になればあまり問題はありません。

別に学校行かなくても様々な家での学びもできるからです。


ちなみに理由としては、

小学4年生からの3年間不登校でも僕は嫌なこと
からたくさん逃げてきました。
でも辛いのは最初だけ。
成長すれば良い思い出話になります。

僕は小学4年生から始まる水泳練習が

とても苦手でした。

なので当時の僕はどうしても水泳練習が

休みたくて学校にはあまりいきませんでした。

教室よりも保健室で過ごす方がとても楽でした。

小学校生活ではほとんど学校に行きませんでした。
授業にもまともに参加せずに給食を保健室で
食べる。といった行動を約3年間行っていました。


学校に行かなくても何も失わない。

僕が小学生で3年間学校に行ったり行かなかったり

で給食は保健室で食べる生活でしたが

勉強はろくにしなくても何とか大丈夫なんです。


しっかりした理由は、

小学生生活の中ではまだ失うことは少ないと
思います。
なので自由に学校に通う感じでいいと思いますよ。

具体的には簡単な計算、かけ算、わり算くらいを

勉強して覚えるくらいがちょうどいいです。


と言うことは小学校3年生まで学校に通えば

いいわけですね。


小学生でもっと勉強したい、将来がもう

決まっている。なら話は別ですが。


嫌なことから逃げても何とかなります。
僕は逃げての繰り返しでしたが、
今では笑っていい思い出程度になっています。

そこで嫌なことから逃げてきた、ツイートを
してみました。

とにかく小学校生活は嫌なことから逃げまくり
でとても少し楽しく学校生活を送りました。
やはり無理なものはできないときっぱり
言っておくことで周りの人は分かってくれます。

スポンサーリンク



2、中学生くらいから通えばいいです。

中学生から復帰した。けど。

僕は中学生から学校生活を復帰しました。

小学生の頃から中学生になったら真面目に行こうと

決めていたからです。


理由は、

中学生生活はとても楽しかったです。
でも中学生になっても嫌いな水泳練習がありました。
よって水泳練習はほぼ見学か、保健室で
水泳が終わるまで寝ていました。


中学生活も嫌なことから逃げてはいました。

やはり性格は変わりません。

しかも学校も徐々にたまにズル休みをしていたり

していました。

その原因はサッカーゲームに当時ハマっていたからです。

サッカーゲームに超ハマって深夜の2時くらいまで

ゲームして朝は眠いから学校は行かない。


そんな生活を送っていました。

中学生でも多少は嫌なことから逃げて
いました。でも学校生活は何とか
通っていました。でもほぼ休んでいたかも。


そこで中学の学校生活についてツイート
してみました。

中学生になってもテレビやゲームには特に
夢中になっていました。
なので別に学校で勉強はほどほどにして
別に嫌なことがあれば逃げてもオッケイかなと
今では思っています。僕の意見ですが。


3、学校に行かなくても幸せを感じることができます。

自分の好きな時間に集中できます。

学校に行かなくても自分の好きなことに

集中できるのでかなり有意義に暮らせていました。

自分の好きな物が見つかれば学校に行く意味はあるのか。

と思うほどに。


理由は、

今では学校に行かなくても将来のための勉強は
youtubeで勉強できます。
ネット検索も強い味方です。
なので学校で学べない事を学べちゃうので
家でいる方が楽になりますね。


僕も一応高校までは何とか行けました。

でもやはりサボりぐせは抜けずに、

しかも小学生時代、中学生時代よりも

高校生あたりから通う頻度がひどくなりました。


でも資格などは一応取れていますが。


嫌なことから逃げても大人になったら
いい思い出くらいに。と思うことが
いい思い出かなと思います。

学生生活に目標がなかったからサボっていたのかなと
思います。

でも嫌なことから逃げても自分の得意分野を

伸ばせていければ問題ないかなと思いますよ。


将来の役に立てれば良いんです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク