家に1人でいると統合失調症にはきついかも

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は統合失調症の人が1人でいるときの不安などを書いてみました。

 

統合失調症の人ならではの1人暮らしの夢についても考えてみました。

 

家に1人でいると統合失調症にはきついかも

1日だけ僕は昼頃に仕事から帰って来て夜の10時ごろまで1人で過ごす時間が

ありました。

 

どう思ったかというと、1人って最高だな!

と感じていました。

 

1人のどこがいいかというと、晩ご飯の時間も自分で決めれるので自由。

お風呂に入るのも自由。

 

だからです。

1人留守番が最高!

 

と思っていたんです。

ですが問題点というか統合失調症ならではの病気で、

あまり静かすぎると気分が悪くなっていたのを思い出していたので

どうしようと思い少し不安でもありました。

 

しかも少しの間だったのに早く仕事に行って話したいなあ

とか仕事したい。仕事でさみしさを紛らわしたい!

 

というような気持も同時に思ってきました。

1人で留守番をして感じたことは、1人の時間は楽しいが

 

それにともなう統合失調症のリスクもある。

と解明しました。

 

でも1人の時間の楽しさを満喫できたので良かったです。

 

 

1人暮らしが目標に変わりました

僕は1人留守番を経験してどこかに、できれば東京あたりで1人暮らししてみたいなあ。

と思ってしまいました。

 

最悪地元に1人暮らしできたらいいなという感じもあります。

なので留守番中に近くの賃貸の物件をネットで探していました。

 

1人暮らしは目標ですが、今以上に稼がなくては住めないし

生活できないので今は部屋にこもって頑張るしかなさそうです。

でもワンルームマンションの物件を見た時はたまらず興奮してしまいました。

過去に僕は1人暮らしを横浜の方でしていたんですが

 

それが引き金に統合失調症になってしまったので嫌な思い出があります。

ですが今は症状が良くなり、回復してきたので

 

いつかは1人暮らしを実現させてみたいと思いますよ!

 

1人だと不安になる理由

1人暮らしだと不安になる理由がもう一つあります。

それは精神面じゃなくて食事面での栄養バランス的な存在です。

 

1人だとどうしても僕はカップラーメンで済ませてしまいます。

そればかり食べると危険なのは分かります。

 

ですがどうしても自炊のやる気が出ません。

しかも統合失調症で前自炊の練習していたら気分が悪くなったので

 

そのトラウマもありますね。

とにかく統合失調症者には1人でいるときはすごく神経を使うなと

 

実感

これからメンタルを鍛えて1人でどんだけ過ごしてもタフな男

 

なりたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク