[小説家]朽木桜斎先生みたいになりたい。

レビュー記事

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回はTwitterで知り会った朽木桜斎(くちき おうさい)

と言う小説家の先生について
書いていこうと

思います。


1、[小説家]朽木桜斎先生みたいになりたい。

現在に存在する大小説家。

僕はTwitterをしていたらすごい現在に大きな

活躍をしている朽木桜斎(くちき おうさい)


と言う大小説家とツイッターで出会ってしまいました。


朽木桜斎さんの凄さの理由とは、

現在の小説家の中では大きな存在だと
思っています。
普段小説を読まない僕でもその魅力に
ひきつけられました。


僕は朽木桜斎先生の気持ちを言葉に表すと

小説界をリードしている存在だと思っています。

やはりTwitterで数回メッセージを交換しましたが

季節の表現方法や景色の捉え方がズバ抜けています。

僕は一気に朽木桜斎先生のファンになってしまったのです。

僕は朽木桜斎先生みたいになりたいなと
思っています。
先生の表現方法はブログでも活かせそうなんです。


ズバ抜けた執筆センス。

まず注目したいのは小説を普段読まない僕が

朽木桜斎先生の小説に引き寄せられました。

流行りを捉えている感覚が違うなと実感しましたね。

僕のブログ記事が恥ずかしいくらいです。

理由は、

朽木先生の小説がひとつあればそれを
スタートに小説でも購入してみようかなと
思ったからですね。この本は僕の背中を押してくれました。


この朽木桜斎先生の大1作である夜の歌という

小説が調べてみると一番人気みたいです。


でもその他にも小説は毎日書いているかの

ようにどんどん新作が出てくるのは

小説初心者の僕の背中を軽く押してくれて

小説の良いところを体感できそうですね。

朽木先生のツイートを見ていると
とても心の綺麗さ、まっすぐな頑張りが
伝わってきます。


そこで朽木桜斎(くちき おうさい)先生の
ツイートをしてみました。


朽木桜斎さんのTwitterとつながればとても
新しい風が吹くように自分の気持ちが
とてもリラックスできるような大変素敵な
作品みたいなツイートだなと感心しています。
僕も参考にしてみたい部分が多くあります。


2、立ち読みするよりも先にすること。

本屋で立ち読みするより家で読みたい。

僕が朽木桜斎先生の本を読むならまずは

立ち読みではあまり魅力が伝わるか心配です。

なので僕は自分の部屋で読んでみて欲しい本だと

思っています。

その理由は、

自分の部屋で読んだ方がすごく
自分の心に表現豊かな言葉が効いてきます。
そこがさすが小説家だなと実感しました。


本屋なら大きなポスターを飾っておくべきだと

思っています。


それほど僕みたいな小説初心者の第一歩を

小説はこんな感じだよと教えてくれる

本なんだなあと思いました。

かなり値段もオススメでした。

本屋で即購入もありだけどネットなら
もっと安く手に入るので僕はネット
購入をお勧めします。

そこで小説初心者の方に向けたツイートを
してみました。


こんな話を聞いて気になりませんか?
僕はTwitterで見た瞬間に気になりました。
僕は小説には興味なかったです。
でもするどい表現方法にやられて今では
ファンになっています。


3、僕はこの小説で決まりですね。

じっくり派も忙しい派も自然に読める。

あらためて朽木桜斎先生の作品に魅了されていますが、

なかなか言葉で表すのは難しいことですね。

でも小説はブログと小説は書き方が違うし、

書く文章量もブログ記事の文字よりも格段に長いですよね。

小説は素晴らしい理由は、

僕はあまり最初から高額な小説本は購入したく
ありません。
でも朽木桜斎先生の小説なら少々高くても購入します。


具体的には、少々高くても僕は心を

揺さぶられた衝撃が大きかったので


朽木桜斎先生の本をすぐに気に入りました。

ので即買いですね。

まずは朽木桜斎先生のような不思議な感覚

になれるような小説は初めてだし、

小説ってこんなに素晴らしいのか。と

うならされているので(何度も)。

本当に忙しくても少し少し読むのも良し、
一気に小説の世界に入り込むのも良しです。
本当に忙しい現代人にはマッチしますね。


この第1作目の夜の歌はとても気に入りますね。

タイトルからでも気になります。

ぜひ自分の手にとって朽木桜斎先生の

世界にどっぷりハマってる欲しいなと思いました。




第1作、「夜の歌」


そのほかの朽木桜斎さんオススメ作品


同じくこちらもオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク