最低限の労力で生き抜くためには何が必要か?

思いつき

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。
今日のお題は最低限の労力で生き抜くには何が必要か?

最低限の労力で生活する事の意味など書いています。
ぜひ読んでみてくださいね。

・最低限の労力で生き抜くためには何が必要か?

僕は最近肉体労働しててよく考えることがあります。
それは

「何をすれば毎日楽に暮らせるんかな?」

という僕の考えです。

正直肉体労働をやってて分かったのですが、

「僕には肉体労働は合わないなあ。」

という嫌な感情もあります。
仕事は嫌いではないのですが、それ以上に少ない給料のために
ここまで朝6時に早起きしてからの身を削って。

なんでここまでして月に3万円くらいの給料しかもらえない。

といった感情が芽生えてきました。

そこで僕は考えました。
「そんじゃあ副業を始めてみよう!」

そう思い副業に手を出したのがこのブログでもあります。

ですがこのブログはなかなか結果が出ずに今はその
ブログをどうしたらいろいろ読みやすいように相手に伝えられるか?

などを考えて今考え中ですね。

あとカジっているのがYouTubeと遊びでやっているFXなどを
やっています。

「基本はブログで稼いでやろう!」

という強い思いでブログ運営をしています。

・理想は部屋から出ない生活を送ること



僕の理想は部屋の中で仕事をすること。
今は部屋で仕事をできる社会になってきたので
最低限の労力がテーマなのでそれで部屋から出ないことを
考えています。

となると理想はブログを中心としてその二番手にYouTube。
三番手にFXなどをこれからも続けて稼いでやろう!

というのが僕の理想です。

ブログは一番好きなジャンルなので楽しく続けられるからオッケイですね。

楽しくないと続けられませんよね。
そこが大事になってきます

部屋で仕事をやるにあたって 「本気で打ち込んでいこう!」

という強い気持ちが僕にはあります。

もっとリサーチして部屋で生活できるように。
そして最低限の労力が出来るように意識していきます。


・最低限の労力で生きる意味




僕はただ楽したい。という気持ちはありますが、最低限の労力で生きる
以外には収入源が

「たくさんあった方が良いんじゃないか?」

というような考えもあります。
でも基本は最低限の労力。

深い意味としてはこの先の将来が正直不安なところもありますね。
親もあと8年くらいで退職なのでいつまでもおんぶにだっこはいけないな。と

思っているので最低でもあと8年で結果を出さなければいけません

でももっと早く結果を、お金を稼ぎたいのは真実です。

なので最低限の労力で稼いでいけるように努力して
これが、今やっていることがいい方向に向かっていければな。

という気持ちで毎日作業に取り組んでいきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク