清掃業のお仕事をオススメする理由。

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は清掃業の仕事の魅力について語って

いこうかなと思います。

どんな仕事に就こうか悩んでいるなら読んでいみて

くださいね。


清掃業のお仕事をオススメする理由。

清掃業の仕事内容は楽しいですよ。

僕は清掃業の仕事をしていますが、

もっともおススメする理由は、

覚えたら自分1人のペースで掃除できるから。 です。

僕は仕事内容は覚えるのには1か月はかかりませんでした。

しかも仕事を覚えたら仕事が楽しくなってくる。

という環境で今現在も清掃業のお仕事しています。

清掃業とは僕の仕事では日常清掃です。
モップで床をふいたり洗面台をふいたりする
簡単な仕事内容となっています。

基本は簡単な作業がいくつかあります。

大変な作業は慣れてしまえばない。

といったところでしょうか。

後は人とのコミュニケーションもほとんど

ないので黙々と作業をこなしたい人
なら

向いていると思います。

1人で黙々と作業をしたいのなら清掃業の
お仕事は向いていると思います。
僕も人との接触が少ないので大変助かっています。

僕が強くオススメする理由は、

覚えるのが簡単で作業も厳しくもないし

あまりきつくもないです。

基本重たいものは持ちません。

後は男の人なら有利な点もあります。

それはトイレ掃除をしなくていいからです。

トイレ掃除は女の清掃員がするので

男の僕は免除されていますね。


統合失調症持ちでも働けます。

統合失調症や精神病の症状がある人も

働けます。


しかも仕事以外の人とのかかわりが少ないのは

基本楽です。

なんか僕が思うには精神病の方は清掃業の人が

多い気がします。


でもこれは僕の考えです。

清掃業で働くハードルは低いです。
なのでどんな病気持ちの方でも取り組めます。
仕事は大変そうと思っていても、
清掃業ならやれる。と思っています。

どんな方でもやれると思うのは、

統合失調症の僕が実際働けているので

自信があるんです。


そこで精神病の持っている人へ向けたツイート
してみました。


統合失調症、精神病持ちなら僕は清掃業を
オススメします。
日常清掃なので家で掃除をしている感覚で
働けちゃいます。
きついことはほぼないので精神的にも楽です。


清掃業は立派な仕事です。

楽でも立派な仕事です。

清掃業という名前を聞くと忙しそうだなあ。

大変そうだなあ。

ととらえる人もいると思いますが、

実は楽すぎます。

楽すぎるので本当に精神病の人のリハビリには

ちょうどいいです。


しかもリハビリしつつ給料も貰えるので

すっごくありがたいですね。

こんな感じですが、立派な仕事には間違いありません。


仕事をしているんだからしかもリハビリ感覚で。
でも立派な仕事には変わりないので胸を張って
いられるのでその辺はオススメですね。


立派な仕事の清掃業の良いところをあらためて考えました。


・最低限のコミュニケーションでいいこと。
・仕事内容は黙々とできること。
・リハビリ程度でコツコツやれて給料も出る。


こんな感じでしょうか。

とっても今までの内容で自分でもやれそうだとおもいませんか?


それぐらい清掃業は楽しいし作業した場所がキレイに

なるのは嬉しいですよ。


感謝の気持ちを言われたらやる気が出てきます。


ありがとうの言葉。

僕は仕事で掃除をしているとありがとうと建物内に

いる職員さんにお礼を言われます。

それが活力になるしやる気が出てきます。


感謝の気持ちについてツイートしてみます。


感謝の気持ちは僕は清掃業の仕事をしていないと
まず言われない言葉なので、
お礼を言われるととっても嬉しいし不思議な
ほっこりした気持ちになります。
本当に清掃業という仕事に出会えて良かったです。



キレイで当たり前。

この言葉は僕に指導してくれている方から

キレイで当たり前だよ。

と言われたありがたいお言葉です。

清掃業には終わりはないし次の日に

仕事に行くとまた


同じ場所が汚れているんですよね。



清掃業とはキレイで当たり前だし、毎日
掃除していても床や洗面台が汚れています。
その辺が清掃員のやる気、やりがいに
つながっていると実感しました。


こんな感じで清掃業とは精神病の人のリハビリ

にもなるしお金も貰えます。


なのでぜひ清掃業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク