清掃業はここが面白い

清掃業のお仕事

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今日は今僕が働いている清掃業の仕事の面白さについて語ろうと思います。

 

特に清掃業の心理について書いてみました。

 

清掃業はここが面白い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕は清掃業という仕事は去年の9月16日からまずは実習生として働くことが決まりました。

あれから正確では今年の12月で1周年を迎えます。

 

なぜ僕が1周年を迎えれたか?

と聞かれると、がむしゃらにやってきた!

 

そう答えます。

あとは清掃業の同じ人たちの優しさに包まれながら丁寧に仕事を教えてもらった

 

ことが特に記憶に刻まれています。

嫌味な従業員の方は誰一人いませんでした

 

そこが僕がもうすぐ1年目を迎える日が来る。来た。

ということです。

 

後は部長さんの手厚いサポートもありました。

1回過去に僕は清掃業を3か月辞めていたんです。 実は。

 

ですがもう一回やらない?

と言ってくださってここまで来たのは部長さんの力でもあります。

 

部長さんの一声で目が覚めましたね。

部長さんをはじめとし、従業員の方たちには感謝の気持ちしかありません!

 

ありがとうございます!

僕はここまで来るのに1人では必ず挫折していたと思いますね。

 

清掃業のここが面白い!というのは周りの人に支えられてこそ

結果的に清掃業は面白い!

 

と感じていたんでしょうね。

 

ゴミの見逃しをよくする。たまにね

僕は清掃業の掃除をしているとたまーにかなゴミの見逃しをよくします

ワザとに見逃している訳ではないのですが、

 

やはりまだベテランの方にはかないませんね。

毎日ゴミに注意して働いていきたいですね。

 

早くベテランの領域に達してみたいなあと思っています。

やる気があっても人間なのでゴミの見逃しはたまーにするので

 

ベテランの方もたまに床に食べかすが落ちている

といった時もありますね。

 

お掃除ロボットがいずれ出現してきたら僕たちの仕事はなくなりますね。

必ず。

 

まあまだ先かな。多分。

なんかこのお掃除の記事書いていたらなんだか掃除の仕事が

 

やりたくなってきましたよ!

変なやる気が生まれています。

 

まだ休みなのでしませんけどね。掃除は。

 

弱気になるとサボってしまう

清掃業のお仕事が慣れてきたんでしょうね。

これもたまに少しサボってしまうこともあります。

 

詳しく言うと、モップで拭きながら物を移動させて拭く床を

物を動かさずにそこをとばしてしまう。

 

という気持ちの時がありますね。

これは僕の仕事を教えてくれた人はそんなことは必ずしません。

 

どうしたことがたまにサボってしまうのです。少し。

あとたまーに作業中に逃げ出したくなることもあります。

 

でもここで抜け出すと迷惑がかかるので(当たり前)僕は

逃げません。(これも当たり前か)

 

掃除は慣れてしまえば黙々と作業できるいい仕事だと僕は思いますね。

こんなに長く清掃業を続けてこれたことは正直

 

やればできるじゃん!

と思っています。

 

時間の経過がやる気に繋がる

今僕がしている仕事内容は限られた時間の中で作業をしています。

なので少しでも掃除が遅れると自分たちの休憩時間までもが

 

なくなってしまいます。

分刻みで作業をしているので清掃が遅れるなんてそんなことしたら

 

ダメなんですよ。

ですがいいところは、

 

時間通りに進んでいると、お、今日は順調だなあ

とか大体何時これをすると決めているので時間に余裕があると

 

頑張って作業して良し!あと1時間で休憩時間だ!

となるので僕的には決められた時間内でする仕事は僕には向いているなと

 

思いましたね。

逆に仕事が遅くなるとゆっくり掃除している暇なんかありません。

 

挨拶、礼儀も大切です

仕事作業も大事ですが、僕は部長さんに言われたことを守っています。

それは挨拶です。

 

まずは朝方に職員の方に挨拶をします。

そして僕たち清掃員は裏方なのでよく会社の職員の方とすれ違うと

 

挨拶ではなくてえしゃくをします。

僕は最初の頃は挨拶が大事と聞かされていたので

 

一日に同じ人に5回もおはようございますとすれ違うたびに言っていたので

そこは部長さんに手厚く注意されました。

 

今ではおはようございますは一人の人に対して一回だけ

と決めていてあとはえしゃく。を

 

するようにしましたね。

なので挨拶と礼儀はとっても大事なんだなあと実感しました。

 

僕は挨拶するのは結構好きなので別にイヤイヤ挨拶はしませんね。

 

キレイにして自己満足

僕は綺麗にしてて綺麗になったらよし!綺麗に出来た!

ととっても心の中で喜んでします。

 

いまだに。

ですが会社としては綺麗にして当たり前。

 

なんです。これも休憩室に置いてある紙に書いてありました。

確かに僕は清掃員なので綺麗にするのは当たり前なんだなー

 

これって当たり前なんじゃないかなーと思いましたね。

確かに当たり前のことが書いてあったのです。

 

仕事中のペース配分も大切です

ずっと全力で作業をこなすと必ず心も体も疲れます。

なので自分のペース配分で作業をする!

 

ということをこれからも続けていきたいなあと思います。

 

全力のところは7割くらいの力であとの力は4割くらいの

ところに力を入れていますね。

 

なので清掃業はペース配分が大切ですね。

 

そこを意識して作業が全部終了したらすごい充実感にひたることができます。

 

清掃業の楽しさは仕事を体験したら分かってくる!

 

以上です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク