精神状態をできるだけ安定させるには。

精神面

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク



こんにちは!カズです。

今回はうつ病の特徴でもある不安定な精神状態を

できるだけ長い時間安定させる
僕なりの方法を

紹介していきます。

参考になれば嬉しいです。



精神状態をできるだけ安定させるには。



精神状態を安定させるために僕が毎日行っていること


・よく睡眠を取ること。
・水分をたくさん摂ること。
・適度なコミュニケーション。



こんな感じで簡単にまとめてみました。

睡眠、水分、コミュニケーションを日々意識して毎日を

過ごしています。



生活をしている中で一番気にかけていることがあります。



毎日の生活で気にしていることは一番はこまめな水分補給です。
ここでは詳しく解説します。

水分補給は毎日起きている限り僕は大量の水を摂ります。
この水分補給は僕が統合失調症を発症してから13年間
変わらない方法です。
水分補給は仕事中でもこまめに摂ります。



僕は水分を普通の人よりこまめに摂っていると言えます。
ですが水分をこまめに摂っていても気分が悪くなることは
たまにあります。


でも水分を摂らなかったらもっと気分が悪くなるので
僕にとってこまめな水分補給は欠かせないです。


精神状態を安定させるにはやはり水分が必要です。



僕にとって精神状態を安定して保てるのは13年間変わらない
方法、のどが少しでも渇けば水分を大量に摂ります。

お腹が水でいっぱいになるくらい僕は水を飲み続けています。



精神の安定感は季節の変化で変わってきます。


精神状態で一番気を付ける季節は夏です。



夏という季節は僕が最も警戒している季節でもあります。

それには理由があります。

夏場は暑くて水分をこまめに摂っていても暑さで気分悪さアップ!

と、こんな感じで暑さの熱気で気分が悪くなるリスクが

季節の中で夏が一番きついです。


そこでこんなツイートをしてみました。


僕が一時期デイケアの勉強会にに通っていた時に
気になったのが、みんな飲み物は持っていた!
ということです。
やはり精神病で共通することはみんなのどが渇くんだなあと
当時の3年くらい前の僕は感じました。


夏になると心配になることがあります。



夏になるとのどが渇く以外に心配になることがあります。

それは急な幻聴がきて夏の熱気で気分が悪くなることです。

夏はとってもリスクが高いことが分かりますよね。


夏に注意することをまとめてみました。


・暑さにやられて急に幻聴が聞こえてくる。
・水分補給では追いつけないほどボーっとした気分になる。
・エアコンの冷房を入れる。外に出たらアウト。

ここで簡単に解説していきます。



暑さにやられて急に幻聴が聞こえてくる。

とにかく暑いと幻聴には注意と、もうひとつあって
シーンと静かな時は注意していく事です。
静かだと幻聴がおそってきます。
幻聴は無視してこうなったら水分を摂りまくる。

水分補給では追いつけないほどボーっとした気分になる。

ボーっとした気分になると暑さで気分が悪くなる一歩手前です。
こういう時も水分を摂りまくる。 
とにかくたくさん水を飲むこと。



エアコンの冷房を入れる。外に出たらアウト。

まずはエアコンの冷房を入れてなるべく暑さから避けておくこと。
こうすることにより精神面が安定する。
気分悪くなるリスクを少しでも下げることができる。



安定な精神を保つため毎日気を引き締めて生きている

毎日気を引き締めていく理由



毎日気を引き締める理由としてはまずは安定した精神面を
保つためです。

そのために毎日気をつかって水分補給、温度管理には
気をつけます。

そこで気を引き締めるツイートをしてみました。


気を引き締めるには慣れましたが毎日体や精神面に気を
つかうこと。
そうじゃなきゃ気分は悪くなるばかりです。
なので安全な毎日を送るには自分の自己管理力も
ひつようになるのでは?
そう思って厳しく生活しています。


自分を追い込むことで安全な毎日を送れます。
自分を追い込むことは言葉的にはきつそうに思いますが
そんなに全力で気を引き締めなくしていません。

とにかく常に警戒している訳でもないので、
ゆっくりしている時間の方が多いです。



やはり安定した精神面を保つには警戒心に慣れて

楽しくいきることだなと実感しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク