精神病でも働ける仕事は清掃業がオススメです。

清掃業のお仕事

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は精神病でも働ける清掃業のお仕事

ついてお話してみます。

僕の経験談も込めて発言していきます。


精神病でも働ける仕事は清掃業がオススメです。

清掃業がオススメな理由とは。

まず清掃業がオススメな理由は、

精神病の治療しながら両立して清掃業の

仕事と両立できる確率が高いからです。


僕のYouTubeでの配信していてコメントを

もらうと、精神病の方で清掃業の仕事を

している人はかなりいると感じたからです。

僕も役場に行った時に清掃している若い人が

いたので、


僕は勝手に僕と同じ様な精神病持ちの人かな?


とかってに考えてしまい、

精神病の方で清掃業のお仕事の人の確率は高い。


そう感じました。


清掃業がオススメな理由。


・基本は日常清掃。
・1人で自分のペースでできる。
・集中力が身に付く。


基本的にはこんな感じで結構精神病持ちでも

やれると思います。


とにかく精神病持ちで最初の仕事と言えば

清掃業!


というような言葉が生まれてもおかしくないですね。


清掃業には生活リズムも身に付きます。

清掃業でも何かと仕事を始めると

朝早く起きての出発までの準備をしてなどの

活動をしていると、


正しい生活リズムが身に付きます。


これはかなりありがたくて清掃業のお仕事で

早起きができる。


という良い生活リズムが身に付きました。


特に休日では早起きが出来るようになったので

かなりありがたいですね。


生活リズムが身に付くと夜は早く寝て
朝は早く起きれる。
食事も朝昼晩と三食きちんと摂取できる。

といういいサイクルもできてきます。

デメリットの存在もあります。


良い生活リズムができてくると、

だんだん夜ふかししたい。とか


朝はゆっくり寝たい。
などの甘えみたいな

症状も出てきます。


なぜこのようなことを思うのかと言うと、


精神病の闘病生活で仕事をしていない時に

自由な生活を送っていたからだと思います。


まずはそのゆるい気持ちを変えていかなくては

いけないですね。


精神病の人が初めて仕事に就くとこの甘えは

必ずあると思います。



でも休日があるので休日に甘えるのが良いと

僕は思いますね。


そこで精神病の人への清掃業のツイートをしてみました。


清掃業はお仕事なのでもちろんお給料は
頑張った分だけもらえます。
そのお給料を初めてもらった時の僕のあの
気持ちは今でも忘れません。
やはり仕事にはとてもやりがいがあると
気づきました。


仕事だと難しく考えてはいけません。

仕事を気楽に考えること。

仕事を気楽に考えて毎日を送って欲しいと思います。

最初は仕事とは特別なことだ。


と考えていると夜もなかなか寝れません。

なので呼び名は仕事だけど、


ボランティア活動のいっかんだと考えて

あげることで少しは気が楽になります。


仕事を気楽にとらえて考えることで
仕事での視野が広がり今まで以上に楽しく
仕事を少しでも送れると思います。


僕も上司の方から、

「仕事は大丈夫だからねー。」


と最初の頃に言われた感じがあります。

とにかくスイッチを入れれば動けるようには

していると良いと思いますよ。


仕事とオフの切り替えが大事ですね。


仕事を気楽に考えるツイートもしました。


仕事は慣れてくると楽しく作業もできて
自然に笑顔もでてきます。
なのであまり難しく考えずに立ち向かっていくと
意外と楽勝だったな。
といった感じにもなりますね。
柔軟な気持ちを持てばだいたい乗り越えれます。


仕事の慣れは大事ですよ。

慣れは自分を成長させる。

仕事が慣れれば自分の心の成長にもつながり

自信が持てます。


特に慣れは誰でも起こりえるので心配しなくても

大丈夫です。



でも慣れてくると同じ作業の繰り返しなので

だんだんあきてくる。


といった現象も起きてきます。


仕事に慣れれば自分の仕事内容以上に
見える範囲が増えてきてとっても楽しくなるかも。
でも同じくらいにあきる時も起こりえます。


細く長く継続させること。

物事を細く長く継続させていって気がつけば

1年が経つ。2年が経つ。


とどんどん経過してくるのが良いですね。

これが仕事を長く続ける理想ではないでしょうか。


この言葉はハローワークの方に言われた言葉で

今でも頭から離れません。


最初は仕事は覚えることが大変かもしれませんが、

精神病をもちながらやるには清掃業を


僕はオススメしています。



ぜひ参考程度になれれば嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク