精神障害者にならない生き方とは。もしなってしまったら。

体験談

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回はもし精神障害者になってしまったらの

対策法。
リカバリーの方法をお伝えして

いきます。

1、精神障害者にならない生き方とは。もしなって
しまったら。

精神障害者にならないためには。

精神障害者にならない方法としては、

一番はストレスをためないことです。


まず最初にストレスをためこみ過ぎることをしないを
意識してください。

その理由は、

精神障害者になる原因の大きな問題は
ストレスです。
上手くストレス発散できないとまず精神障害者に
なりやすいです。

精神障害者にならないためにはまずは健康に
生きていく事です。


メンタル的にも体力的にも。


具体的には、心と体はひとつなのでそこを気をつけ

ながら生活を送っていく。

これが基本です。

これができないと数か月で精神障害者になるリスクは

大きくなっていきますね。

なるべくストレスをためずに生活していく。
これだけで精神面は改善されます。
悩み事はなるべくしない事ですね。

・自分にお得にストレスをためない方法。

自分にストレスがなければ相手に当たる

事も減っていきます。

答えを言うと、出来れば毎日楽しく生きていく事で
幸せなことが感じれます。

それはどんなことかというと、

理由は、

毎日リスクをおかさずに過ごしていくと自然に
精神障害者になるリスクも減るということ
楽しくストレスのない生活を送ってみることです。

毎日リスクのない生活を送れば安全に
精神障害者から変わっていきます。


具体的には、リスクとは攻撃的な性格の人とは

付き合わない。

付き合うなら自分の性格を分かってくれている人には

心を開くこと。

でも一番の安全は自分の部屋にこもってゲームを
することもリスクなくて良いです。

ストレスを自分にため続けていてはしんどい
だけです。静かな性格の人なら毎日安全に
過ごすだけでもいい生き方ができていると
思います。


そこで精神障害者にならない生き方をツイート
してみました。

スポンサードリンク




2、精神障害者になってしまったら。

精神障害者になってしまったら。

もし精神障害者になってしまったら、

様々な気分転換を治療法にいれていくこと。

気分を変えることで少しでも精神障害の壁から

抜け出して体をゆっくり休ませます。


その理由は、

精神障害者になるとやる気も生きる気力も
なくなります。
こうなっても楽しい時間を作ってあげるのも
とても大切です。

上手く精神障害と向き合っていくことが
大切になります。


でも少しお得になる方法もあります。

具体的にはこんな精神障害者になるとメリットも
あります。


・障害者手帳を発行できる。
・障害年金も貰えます。
・障害者専用の働くサポートが充実。

この中でももし働けなくても障害者年金を
もらえることができるのでかなり嬉しいです。


精神障害者になるとお金が貰えますよ。

とても今は精神障害者のサポートは厚いです。


どれもお得な方法なので実行しておくと損は
ありません。

ちなみに僕は障害者手帳と障害者年金を
貰っています。

もし精神障害者になってしまったら最低でも
国からのサポートは積極的に行うことです。
すこしでも心に余裕ができるので精神面も
安定してきます。


ここで精神障害者になってしまったら。の
ツイートもしました。


精神障害者になっても僕はあまり落ち込まなかった
です。
それは体の病気じゃなくて精神面の病気だからです。
精神病ならなら何とかなるだろうと思っていました。
その人とは違う前向きな気持ちでもう闘病13年目が
経ちました。


3、精神障害者でも働けます。「安心」

働く気持ちがあるならば働けますよ。

精神障害者でも働こうと思えば働けます。

障害者雇用を利用するのです。

障害者雇用を実施すると精神障害者の人でも

手厚くサポートしてくれるのでとてもありがたい制度です。


良い理由は、

障害者雇用を利用すると履歴書の書き方から
面接までついてきてもらえて、精神障害者の人の
サポートが素晴らしいです。

ちなみに僕も過去に障害者雇用を利用したこと
があります。

具体的には、障害者雇を利用していたら職員の

人に自分が精神障害者だということをバレてしまいます。

なので中には自分が精神障害者だということを

うちあけずに仕事をしている人も中にはいます。


精神障害者になるのはつらいけど自分なりの
楽しい生活を送ってもらえれば良いかなと思います。
仕事に興味が出てきたらそれは精神面が回復している
証拠ですね。


精神障害者にならない生き方としては、

上手にストレスを発散させること、

あまり疲れるようなリスクをとらない事です。

これをキープしていけば精神障害者になっても

今まで通りに楽しく生活できますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク