統合失調症、うつ病をもし発症してしまったら。「アドバイス」

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回はもし精神病になったらどうすればいいのか。

を基本に解説していきたいと

思います。 


統合失調症、うつ病をもし発症してしまったら。
「アドバイス」

最初はしんどいです。

統合失調症、うつ病になったら最初は特に

しんどいです。

しかも心と体、両方しんどいですね。


精神病を発症して最初はまずは治療に専念すること。


これが最初は一番大事です。

後は自分を管理してくれる。面倒見てくれる

親などにも経過観察してもらわないと

発症した自分は何を、どんな行動を起こすか分かりません。


1人暮らしで自分しか面倒をみれない人がいなければ
最初はすごくきついし、もしかしたら事故にもあうかも
しれないし、社会にも上手く対応できません。

最初はしんどいと言いますが僕の場合は、

最初の数か月は自然にテンションが上がっていて

でももう数か月すれば幻聴や幻覚におそわれて

しまうことがあります。


あと変な行動も起こすこともありました。


僕の場合は、


裸足で外に出て人形を川で燃やす。
という謎行動も起こしていたこともあり
それは親に止められましたが。


1人で闘病生活をすると必ずケガするな。

とか警察に保護されるような事態にもなるなと

今ではおそろしく思います。


僕なりのアドバイス。

統合失調症の人もうつ病の人も精神面が

安定するまで誰かに観察みたいなことを

されていた方が安全です。


とにかく1人は危ないのでまずは親とかに

頼るのが一番じゃないかなと思っています。


僕が経験しましたが1年くらいは誰かに
見張られていた方が1人でいるより
すっごくマシなので、じっくりと落ち着くまで
待ちましょう。

数年、十年経つともう症状は軽くなるので

そこまでの道のりが僕はとっても辛かった。


なのでこれを読んでいる人には同じ苦しい思いを

少しでもやわらいでいけるように言葉を書いていきます。

これは他の記事でも何回も出てきた言葉ですが、

それは、リスク賭けない、安全に生活する。


を意識して生活を送って欲しいと思います。


とにかく自分の精神面が安定してきたり、

幻聴がさほど聞こえなくなれば

後はどう気分が悪くなった時に


自分が解決策を持っているのか。


自分で精神面が楽になる方法を見つけて

おいてみてください。



しこで僕なりのアドバイスツイートをしてみました。


統合失調症、うつ病の方のアドバイスはまずは
あせっている気持ちをおさえること。
ゆっくり治療していく事をオススメします。
早く治すために薬を飲まなかったり、
精神科に急に通わなくなると症状の悪化に。


あせらずにゆっくりと治療しましょう。

治療をあせるとろくなことありませんよ。

治療をあせってもまたひどく症状が出てしまって

気分が悪くなりやすいです。


ということで治療をあせってもろくなこと
ありません。


まずは家で休養といった家で出来ることを

すれば良いのです。



僕は当時ではテレビゲームばかりして時間を

つぶしていました。


まず基本は家での治療に専念します。
これは最初の1~3年くらいの感覚です。
闘病4年目からいろいろ始めても良いかもしれません。


僕の場合は治療をあせっていてすぐに仕事に就きたいです。

と精神科の先生に言うと即却下されたことがあります。


なので正直あせらずに治療しましょう。


そこで治療方法についてツイートしてみました。


とにかく一番大事なのは何回も言いますが
治療をあせらない事。
それを意識して毎日好きなことをしていけば
だんだん症状は軽くなりますよ。
でも僕は今でも幻聴は聞こえる時がありますが。


最初の数年が勝負です。

治療最初が勝負の時です。

治療が最初の頃が勝負だと思っています。

理由は、しっかりとした土台を作ることです。


そこから後の闘病生活の柱になってきます。

なので最初はしんどいですが、


だんだんコツがつかめたら自分のペースで

対応できるので治療はあせらなくていいんですよね。



今回紹介したのは統合失調症とうつ病の闘病生活。


でしたが、まだ5年目~10年目とかの

治療法アドバイスは基本変わらないので、


最初に体に覚えさせておくと後々楽ですね。


これで闘病生活を少しでも楽に

過ごしてもらえればなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク