統合失調症が送る夏祭りの過ごし方

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは!カズです。

今回は夏祭りでの統合失調症の変化心の変化、心理を

お伝えしようと思います。

 

最初は出発までに考える

 

僕はお祭りが好きです。特に屋台で買ってたべるりんご飴などは

最高に好きですね。

 

こんな僕ですが統合失調症になって気持ちの変化が

お祭りやイベントごとに出てきました。

 

それは出発したら祭り先で気分が悪くならないかなあ。

という不安です。

 

この気持ちが芽生え始めたのはかれこれ10年前くらいからですね。

最初の頃はお祭りに行ったら気分が悪くなっていたのです。

 

その気分が悪いのを経験しているから行くのが怖いんですよね。

 

その気持ちを払拭できるのはやはりお祭りのにぎやかさです。

お祭りは人が混み合っているので人の中に紛れ込むことが

 

できますよね。

それが僕が気配を消したい気持ちです。

 

細々とこっそり食べ物を買ってどこかの静かな場所に

移動して屋台で買った食べ物を食します。

 

これは気分が落ち着いているのでこの時は大丈夫です。多分。

 

リスクと隣り合わせ

いざ出発できてもお祭りの最中で気分が悪くならないように

自分なりには気を使っています。

 

お祭りに行ったらあとは神頼みです。

精神の神さまお願いしますと願います。

 

でもここ最近は今のところ気分が安定しているので

よっぽど暑いとか周りの人の視線が気になる。

 

とかは今のところは大丈夫です。

リスクをチャンスに変えようと努力しています。

 

これも神頼みかなあ。

自分は大丈夫だと言い聞かせたい!

 

自分に大丈夫!なんでもできるクリアできると

言い聞かせています。

 

これはどこかに行くときも自分に言い聞かせます。

これが地味に効果が不思議とあるんですよね。

 

統合失調症とは気まぐれかもしれません。

病気12年目の僕でも未だにわからない時があります。

 

祭りに行ったら

 

まず祭りに行くと考えるのがかき氷とかジュースとか

冷たいものを必ず購入します。

 

やはり体を冷やす、という事は僕にとっては精神が

安定しますね。

 

後はただ食べたいものを食べるだけ。

テイクアウトも考えています。今年はね。

 

あと祭りで気を使う事は

日陰に隠れる事です。

 

祭りが夜ならいいですが、昼間の祭りは影を見つけることが

大事になってきます。

 

これからある祭りは夜だから今回は大丈夫だけどね。

あともう一つきにするのが

 

祭りを楽しみながらさりげなく休む事。

 

なるべくかき氷などを購入したら座って食べます。

省エネモードになって動き回りません。あまりね。

 

無駄な体力消耗は統合失調症を引き起こす可能性が

あるので、そこには気をつけます。

 

祭りはリハビリになる!

 

僕はお祭りに参加するだけで達成感がでて充実した気分になります。

これは統合失調症のリハビリになる!

 

と思っていますね。

自宅に帰るとホッとして今日は何も起こらなかったー!

 

と歓喜します。

人混みにもまれて歩いていると精神にいいんでしょうかね?

 

心と肉体的のリハビリにお祭りはうってつけ!

なのかなとは思います。

 

あと雑音も多いですからね。その辺もリハビリですね。

 

楽しんで統合失調症なんか忘れよう!

 

まずは、楽しむ事で夢中になってみることで

統合失調症を忘れることを意識します。

 

楽しんでいたら無意識にはなるんですがね。

自然と無意識になればラッキーです。

 

あ、なんかやばい。ちょっと気分悪くなりそう。

と思ってきたら少し静かな場所で休みます。

 

それでもダメなら即帰宅!です。

 

最後に

 

統合失調症と祭りは結構上手くいけば相性がいいんじゃないかな

と思ってますね。

 

でも必ず平和に楽しめれればいいですが、

そうもいかない時もありますね。

 

ぜひお祭りはみんなのものなので楽しんでくださいね!

 

僕も可能な限り楽しみます。

このい今の発言からしてもう警戒していますよね。僕は。

 

まあなんとか楽しもう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク