統合失調症になったら最初は精神科の先生と何を話せばいいのか。

精神科・病院関係

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は精神科の先生と何を話せばいいのか。

についてお話していきます。

初めての通院の方やまだ通院初心者の方に

読んで欲しいですね。

統合失調症になったら最初は精神科の先生と何を話
せばいいのか。

最初は緊張します。

結論から言うと、最初は結構緊張します。

精神科に行くのも初めてだし、普段の診察方法とは

違うし。で

最初は少し戸惑っていましたね。


その理由としては、

精神科の最初の通院は何を言われるのか
考えるだけで不安になっていました。
でも精神科の先生には悪い人はいないと思っています。

当時の僕は緊張していたけれど、主治医の

先生の優しい心遣いで安心して緊張がほぐれた

ことを思い出しました。



具体的にはやはり考えるよりもまずは行動

を起こして精神科に行ってみる。

そうすることで意外といけたな。やればできるな。


と思うことがあります。

ですが最初は緊張しますが、徐々に慣れてくると
思います。

精神科に行くのはつらいですか?
つらくても一度行ってみると居心地が良くて
安心できる場所となっていますよ。
心配はいりません。


先生と何を話せばいいのか。

最初は精神科には少し緊張することが分かりました。

では実際に精神科の先生と何を話せば良いのか。


それは、自分の思ったことを何でもいいので
言ってみる。です。


その理由もしっかりあります。

自分から話してみると先生も受け答えを
しっかりしてくれるのでどんどん質問して
みるのも良いかもしれません。

質問なら何を話すのか。とか

深く考えなくていいと思います。

思ったことを先生に直接伝えることも大事だと
思いますね。


例えば、先生を気軽に質問できる人だと

思いこんでどんどん質問していって

それで先生が反応するので、余裕があれば

違う会話も入れてみる。



こういう行動ができれば上出来ですね。


自分からお話してみると気分が乗ってくる
のでだんだんと先生と会話するのが
楽しく感じてきます。
まずは自分から最初の一歩を踏み出すこともありです。


そこで精神科の先生と何を話せばいいのか
ツイートしてみました。

僕が思うには上手な受け答えが出来るように
なればもう怖いものなしです。
最初の通院やまだ慣れていない人は多いと
思います。
僕は診察すると自然とスラスラ話せました。
先生がアシストしてくれるので大丈夫ですよ。


まずは自分色を出すことです。

自分を上手く表現する。

上手に精神科の先生に自分を分かってもらえるのか。

そう考えた時に思いついたのが、

自分の色(性格)などを出して先生に自分はこんな
人間ですよ。



と分かってもらう。

という行動を診察で取るといいかもしれません。


自分色を出す理由としては、

最初は自分を分かってもらえないと
分かってもらえるまで時間がかかります。
なので最初から自分はこんな人間ですよ。
と自分から言ってみることです。

自分色を出すには自然に先生に話していく事です。

自分を分かってもらえればこの先の治療に

効果はあります。


具体的には自分から積極的に行く人。

これに限ります。

僕もどちらかといえば積極的だったとは

思いますが、


よく返事をしていました。

返事をすると主治医の先生に言い印象を

あたえたいからですね。



最初の頃の僕は返事はしっかりしていた
思い出がありますね。


最初の通院は誰もが初心者ですね。
なので緊張するかもしれないけれど
積極的にいければ積極的に自分から
話すのもありですね。


ここで自分を上手く表現するツイートも
してみました。


自分の色を出すには自分の性格を先生に
知って欲しいので先に話すことを
オススメします。
僕はあまりしゃべりませんが、先生の前では
自分の統合失調症について語っています。
やはり分かってくれる人に話したいですよね。

具体的に何を話せば良いのか。

まずは自分の紹介から。

具体的に何を話せば良いのかを考えてみました。

それは自分の紹介から先生に話してみると

良いかもしれません。


理由は、

自分の軽い紹介をすると相手(先生)も受け入れて
くれやすくなり、
最初の壁がなくなります。心配はいりません。

最初は自分の紹介から始めると相手の壁が

なくなります。

例えば、学校に転校生が来た時に最初に自分の

紹介をしますよね。

それで少し初対面の壁をなくす方法かなと

思っています。


なのでこれを応用して主治医の先生に
どんどん発言するのもアリだと思います。
慣れたてきたら先生と仲良くなれます。

通院13年目の僕が思うこと。

通院13年目になると人はどう変わるのか。

それはもう慣れ過ぎてしまって日常生活、

生活リズムしか質問されなくなります。


理由は、

最近では生活リズムのことをよく聞かれます。
慣れてきたら少しの情報で良いみたいです。
ちなみに通院は月に一度です。

月に一度の通院なので変わったことは聞かれなく

なりました。

僕も慣れてきているので何も考えずに無のまま

診察を受けています。


具体的に考えてみると最初は僕もボーっとしていました。

特に診察の時は、薬の副作用で。

ですが今ではハキハキと会話もできて13年間経つと

先生も分かってくれているのでもう安心して

何を話そうか。
とか

思わなくなりました。


先生とは13年間の付き合いです。
なので月に一度ですが少し楽しみに通院しています。
話す内容は先生と会話していて
思いついたことを話しています。


これで少しは何を話したら良いのか分かって

もらえれば嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク