統合失調症になる原因は新生活のストレスから。「体験談」

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は統合失調症になったばかりの人

これからの新生活に向けてのメンタル維持などを

書いていこうと思います。


統合失調症になる原因は新生活のストレスから。
「体験談」

環境の変化に気を付けること。

統合失調症になってしまう原因はいろいろある

と思いますが、


この中でも大事なことは新生活のストレスから

統合失調症になってしまうことがあるからです。


ちなみに僕も新生活のストレスで統合失調症を

発症してしまいました。


僕の場合は田舎から都会に上京してわずか
1週間ほどで幻聴が聞こえるようになり
もう自分ではどうしようもできない状況だった。


僕が統合失調症になった原因は、

やはり新生活でのストレスです。


もちろん僕がストレスに強い人間だったのなら

そこまで悪くならなかったのかもしれません。


そうなると僕はストレスに弱いメンタルだった

と言えます。


やはりストレスに強い人、弱い人は

いるみたいですね。


とにかく新生活を送るならストレスに気を付けて

どこかでストレス発散するのがいいかなと

思っています。


ちなみにストレスに弱い人の特徴を考えてみました。


・真面目な几帳面な人。
・とにかく愚痴を吐かない。
・とにかく優しい心の持ち主。


僕はこの中だと全部当てはまります。

とにかくまじめで几帳面でストレスをため溜め込む

人はこれからの生活で注意が必要かもしれませんね。


新生活を送るならまずは無理をしない事です。

新生活を送りたいなら、しかも快適に。

という人はリスクをかけずにしっかりと

毎日新しい生活にワクワクしていくのが


一番大事だと思います。


ちなみに僕の場合はワクワク感は少なく、

ストレスをため込みまくって、結果

大きな統合失調症になってしまった。


という最悪のシナリオを起こしてしまったのです。

今では当時と比べると見違えるように元気に

なりましたが、


1人生活したいと思っていても、

過去の体験があるのでとっても怖いですね。


まずは自分の新生活のスタイルを決めて

それに合った場所やストレス発散方法を

探してみることから考えてみてください。


そうするとかなりストレスは減ります。


そこで新生活のストレスをツイートしてみました。




1人暮らしは僕もしたいですね。
でも今の状況を考えると統合失調症の
再発が怖いので今は自分の部屋で暮らす毎日です。
半分引きこもりつつ今はネットで稼ぐ方法を
模索しています。


統合失調症を避けて通るには。


上手に危険地帯から安全地帯へ。

一度も統合失調症にならない人はストレスに強いか

極力リスクを避けてきた。


という人もいると思います。

そういう人は安全地帯に確実に住めます。


逆に危険地帯に入っていってしまう人は

自分の今の状況と自分のメンタルの状態に


気づいていない。


ということになりますね。

でもメンタルが強いのかなどの状態なんて


1人暮らしでもしなくては分かりませんよね。


僕もメンタルが弱いと最初から分かっていたら
今の僕の生活は変わっていたのかなあ。と
思っています。が過ぎたことなので仕方ないです。


特にストレスを溜めやすい人はあまり自分から

発言できない人が多いんじゃないかなあと

思います。


でもストレスなんて感じ方は人それぞれ。

みんな言わないだけでストレスはだいたいの


方が持っていると思いますよ。


ストレスになってでも仕事をしている人は

いますからね。


そこで安全地帯、危険地帯のツイートもしてみました。


これからの生活は注意を払いながら真面目に
努力して生きていこうと思っています。
それよりもまずは自分の精神面の成長に
期待して行動していく事だと思っています。
今は冷静に判断できています。


ストレスをどう発散させるのか。

ストレス発散方法とは。

ストレスを溜め込むと本当に統合失調症は

ひどくなります。


これ以上悪化させないためにもまずは

1人暮らししたいなら頭の中でシュミレーション

してみるのも良いと思います。


現代人はストレス社会の中で戦っていかなくては
なりませんよね。
僕はその波にのまれないように自分の道を
つらぬいていくだけです。


新生活のストレスは1人暮らしだと

ストレス発散方法は限られてくるけど、


方法は人によって違うし、

さまざまなストレス発散方法があると


思うので、自分に合ったストレス発散方法を

考えておくだけでも違います。


とにかくストレスを上手に出すことを意識して

毎日を楽しんで生活してもらえればなと思います。




スポンサーリンク
スポンサーリンク