統合失調症の僕が症状が悪くならないようにしている方法とは。

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は現在統合失調症の僕が症状が悪くならない

ようにしている方法を語っていこうと思います。


この記事を参考程度にしてもらえると嬉しいです。


統合失調症の僕が症状が悪くならないようにしている方法とは。

毎日気を配っています。

僕は統合失調症歴13年目なのでだいた気を
つけることはできていると思います。

特に症状が悪くならないようにしていることは、

水を飲むことです。

これか僕が統合失調症を発病した時から変わらない
対策でもあります。

とにかく水分を摂ってお腹を膨らますこと。

水分を摂って体を潤いに満ちておくこと。


はとっても大事だと思い心がけています。

ひとつ言えるのが、これは僕が自分で
やっている方法、対策であり、


科学的、医学的には関係していません。

簡単に言ってしまえば自己流ということです。


統合失調症の症状が悪くなってくると
周りの目が気になるし、他人の声にも敏感になり。
一回症状が悪くなると気のコントロールが難しくなる。

自分の居場所はありますか。

自分の落ち着く居場所がなければとっても
しんどいこの統合失調症。


なので僕なら自分の部屋が居心地よくて
自分の部屋が僕にとっての一番の居場所です。

居場所作りはとっても簡単で自分が
落ち着ける場所を見つけることです。
カフェでも自宅でもどこでも構わないので
心を落ち着かせる場所が欲しいところ。

疲れた時は一番症状が悪くなる時が多い気がします。

なので普段落ち着く場所で過ごすのが精神面を安定

させることができると思っています。


僕は気分の症状が悪くなったら僕は自分の
部屋で寝ます。

そして目を閉じます。

最初の頃はとってもしんどいですよ。

自分の部屋にいても気分が悪くなることはあります。

とくに統合失調症を発病して間もない時には
強い不安感もやってきます。

こういう時はもう極力自分の部屋からは出ないように
してとりあえずふとんに入りましょう。


僕が統合失調症の症状の初期の頃はふとんに
もぐっていました。


そこで統合失調症の初期の頃についてツイートしました。


統合失調症なりたての頃はとてもしんどいです。
今の僕は気をつけていることは水分補給くらいに
なりましたが、症状を悪化させないためには
早めの休息が一番だと思います。

深く考えると症状は悪化してしまいます。

深く考えるのは性格にもよります。

深く考えてしまうと不安が不安を呼びよせてさらに
気分が悪くなる症状を引き起こしてしまいます。

ちなみに僕は深く考えてしまう性格でもあります。

なので性格上普通の人よりも精神病の人よりも
結構疲れますね。


でも深く考えたりする人が統合失調症に

なりやすいのかなあ。とも思っています。

深く考えても統合失調症なら良いことなしです。
なので前向きになるべく深く考えずに
嫌なことがあってもなるべく気にしないように
してくださいね。

初期の頃は深く考えてしまいがちです。

僕の経験上から言うと統合失調症の初期の人は

何事も深く考えてしまいがちです。

そのため自分で気分が悪くなる症状を引き起こして
しまうこともあります。


そうならないようにまずは、

まあいっか。

と思って気楽に過ごすことが大事になってきます。

僕は深く考えずに気楽でいることで気分が悪くならない
状態を保っています。


難しく考えてしまいそうですが慣れれば楽です。
あとメンタル的に強くなります。


気分が症状が悪くならないためには時間も必要です。

時間は栄養分になります。

統合失調症の人にとって大事なのは時間は

とっても大事だということです。

理由は、時間が経過することにより統合失調症の
症状もだんだんおさまってきます。


ということで時間は統合失調症の人にとっては
とっても大事な栄養素なんです。


その時間、栄養素についてツイートしてみました。


症状を悪化させずに乗り切ることはまずは
時間を味方につけることです。
そうすることにより自然に時間の経過と
共に症状は軽くなります。
僕は時間をとっても大事に考えています。


統合失調症の症状を悪化させないためには

時間の経過が大事だし、僕自身も一番気を

つかっているのは時間と水分補給
なんじゃないかな

と思っています。


精神病の症状を悪くならないためにはやはり
気持ちを強く持ち、

毎日楽しく充実させることなんだなあと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク