統合失調症の夏の心構え

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今日は僕が統合失調症になって毎年警戒している夏の心構えについてお話したいと思います。

今年は初めて仕事しながらの夏がやってくるので要警戒です!

 

統合失調症は夏が気分が悪くなる

 

僕が統合失調症になって一番警戒していきせつ季節は夏です!

なぜかというと夏は日差しがきつくてしかも水分を摂らないと脱水にもなるので

 

危険な季節です。

それで気分が悪いのが起きて統合失調症になります。

 

3年連続で夏の野外コンサートに行った時も3年連続で気分が悪くなりました。

やはり日差しが原因だったみたいです。

 

僕はコンサートで6時間の間気分悪いまま見ていました。

まさに地獄です。

 

帰りたくても遠いのですぐには帰れなかったのです。

もう行きたくありません。

 

日差しにあたると

 

統合失調症の方に限るとは分かりませんが日差しにあたっているとボーっとしてきます。

これで終わればいいのですが統合失調症の方はそこから発展して気分が悪くなります。

 

幻聴が聞こえたり自分自身の気分が下がったりと色々大変です。

このままだとこの先の夏本番が心配になります。

 

統合失調症になれば分かりますが、僕にとっての夏は地獄です。

 

あっでもデイケアに行っていたときに冬が苦手という方もいましたね。

女の方でした。

 

暑い日に大事なこと

 

暑い日に大事なことはやはり水分をこまめに摂れるようにする!です。

近くに水分補給がなくならないように僕はいつも気を使って自分の近くに

 

水とかペットボトルジュースなど置いています。

仕事中でも自分の近くにボトルを置かせてもらっています。

 

あとは冷房ですね。エアコンです。

もう暑い日はまだエアコンのリモコンの入力入れるの早いと思わないことですね。

 

僕はちゅうちょなくつけようかなと思ってます。

初めての1回目はエアコンからカビ菌がエアコンから出る!

 

と言われています。

僕は冬の時は暖房付けまくっていましたね。

 

なのでこの夏もガンガンキンキンにします!

 

好きなことして気分を紛らわす

 

統合失調症はボーっとしてたら襲ってくるので好きなことをしている

最中は熱中するので気分が悪くなるのを防ぎます。

 

好きなこととはパソコンしたりゲームしたり本を読んだり。

なんでもいいのです。

 

統合失調症がひどい時には

 

気分が悪い時がたくさん続いて困った時は主治医の先生に特別な薬、とんぷくを

出してもらいましょう!

 

これでお守り代わりにもなるし実際にも効き目が出ます!

症状がおさまらない時は試してみてください!

 

この夏本番はこれからだと思うと地獄です。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク