統合失調症の症状の治し方について。「体験談」

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は僕が今現在も体験している統合失調症の

症状の治し方について体験談
も交えながら

お教えします。


統合失調症の症状の治し方について。「体験談」

治療は時間と薬が大事です。

僕が13年間の闘病生活をしていて最終的に

自分で考えて統合失調症の症状が落ち着いた経験

結果から言えばそれは

時間と薬が必要。ということです。

どういうことかと言うと時間が経過するごとに

症状が軽くなり、薬も今でも欠かさずに飲み続けること。


によって症状は徐々に回復しています。

回復している実感は感じますよ。

治療は特別な治療はしなくて月に一度の
診察と薬局での薬をもらって帰るだけ。
という簡単な行動を繰り返していただけで、
症状は軽くなりました。

やはり時間と薬の同時進行を始めてそして

やっと症状が軽くなる。

といった感じでしょうか。

これは13年間の僕が経験した中からの

いろいろな検証から考えだした結論になります。

統合失調症に必要な時間とは?

統合失調症に必要な時間とは簡単に言えば24時間
です。

理由は起きている時も寝ている睡眠の時も

体調が回に向けて働いているからです。

特に睡眠はとても大事で僕は8時間くらいは寝ますね。

多くても10時間寝ていた時もありました。

統合失調症が回復する時間は24時間だと
言いましたが、言い過ぎではありません。
特に睡眠に関しては大事に熟睡して欲しい
くらいです。

あと大事にしている時間は仕事中です。

仕事中では気分が悪くなるととてもしんどいですよ。

これは経験済みです。

それで家に帰宅してからは無理をしないように夕方まで
最近ではゲームしたり動画の撮影したりしています。

統合失調症って結構気をつかうんですよ。

その辺との付き合いは長いので体の変化でだいたい
分かります。


そこで時間と薬についてツイートしてみました。

次の日が休日だと僕は夜更かしをして
8時間か9時間寝て朝かお昼を迎えます。
でも早起きは心掛けていますが、
なかなか思うようにはいきません。
統合失調症に従って時間を過ごすのもありですね。


自然と症状は良くなりますよ。あせってはダメです。

治療をあせってはいけません。

まずは治療をあせらずに時間が解決してくれますよ。

僕は時間の経過ごとに体調も良くなったので自信を持って
言えますね。


なのであせって治そうと思って薬をたくさん飲んでも
逆効果なんです。

逆効果な理由は副作用がたくさん出てしまうからですね。

なので適度な薬と合わせながら時間もつかって

症状を治すんです。


とにかくゆっくり治しましょう。

ゆっくりと言っても半年以上はかかります。

だいたい毎年1年後くらいには僕はすごく

メンタルが良くなっています。

とにかくゆっくりと過ごすことで
症状もきつい症状からだんだんゆるくなります。
その辺を期待して最初は耐え抜くことが大事です。

治療をあせるとろくなことありませんよ。

あせって失敗したこととは。

僕は治療をあせってしまって過去に仕事に就いたことが

あったんですが、

そこで幻聴、幻覚が聞こえるようにまたなってしまって

また治療をはじめに戻って治療したこともあるんです。


当時からしたら危険な賭けだったんでしょうね。

なぜそこまでして働きたかったかは分かりません。


治療についてのツイートもしてみました。

ゆっくりと丁寧に毎日を過ごすこと。
それが積み重なって土台となります。
なのでコツコツ毎日を過ごしていくしか
ありませんよ。
困った時は精神科の先生に相談すれば良いです。

毎日コツコツやることがオススメです。

症状を軽くするには毎日好きなことをして

過ごしていると気分も悪くならないですし


結構健康的に生活できます。

僕は闘病13年目になりますが、今では

軽い仕事に就いて毎日努力しています。

毎日過ごすのは楽しいと一日が早いように
なっているので毎日悔いのないように
過ごすのが早く症状を治すきっかけとなるかも
しれませんね。

まずなにをしようか困った時は予定を決めていたら

楽しく暮らせますし、症状もだんだん回復してきます。

恐れることはないので何かにチャレンジしてみるのも

良いですね。


統合失調症の症状は時間の経過と共に良くなるので

心配はいりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク