統合失調症は時間が解決させてくれる理由とは。

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は統合失調症は時間の経過で良くなる

ことについて書いていこうと思います。

統合失調症の発病して間もない方は読んでみてください。

統合失調症は時間が解決させてくれる理由とは。

一番の薬は時間です。

統合失調症の一番の効きめというのが薬ですね。

薬と同じくらい大事なのが時間なんです。


時間も薬を飲むくらい大切なんですよ。

理由は、

1日や数週間、半年をかけて徐々に回復して
きます。時間は放っておいても時間は経過するので
自然の治療の様な感じになるので時間は大事なんです。

時間は経過するごとに自分の精神面を鍛えてくれます。

薬を飲まなくても時間が過ぎるだけで統合失調症が
治ってきている。


とさっかくするほど。

薬も良いけど時間の経過というのも実は貴重な

薬なんですよ。


時間の経過が一番の薬だと僕は思います。
13年間の闘病生活で分かってきたことだから
自信がありますね。実際僕も体験していますし。

最初は不安や恐怖でおびえる日もあります。

薬だけではどうしても不安になります。

時間の経過で不安やおびえる日をどんどん少なくしていく

方法をとると効果的です。


理由は、

最初は誰でもおびえる不安な日は続きます。
でも時間の経過でどんどん薄れていくものです。
なのでおびえる日も時間の経過で良くなることが
あります。

不安は統合失調症になると必ず出てくるので
気にせずに生活を送ってください。


例えば、統合失調症の初期の段階で恐怖におびえながら

毎日過ごしていてもだんだん症状がやわらいできます。

それはやはり時間が関係しているからだと

思うんです。


不安や恐怖でおびえがちな毎日が続いていても

時間があれば解決してくれます。

あせって無謀な行動は起こさない事です。


最初は不安や恐怖でおびえてしまいますね。
なので最初はしんどいですがだんだんと
良くなるので無理はしないことです。


そこで時間の経過についてツイートして
みました。

時間の経過ってとっても大切なんです。
どんな病気でも時間の経過で良くなる病気は
たくさんあります。
なので統合失調症になっても不安にはなりますが、
おびえずに勇かんに立ち向かって欲しいなと
おもいました。


完治は難しいが症状をおだやかにできる。

完治は難しいかもしれません。

統合失調症は完治は難しいと思っています。

時間の経過では限界もあると感じています。


でも時間の経過で完治に近づけたり、

症状を抑える効果はありますね。


理由は、

時間の経過で症状はおだやかになります。
その後に続くのが完治ですが、
時間の経過では症状が治まるだけで完治は
難しいと判断しています。


具体的には、僕も統合失調症は完治はしていないから
ですね。


それが理由でこんな感じの文章になっているんです。

薬と時間である程度は回復するけれど

完治となると実は未知の世界なんです。


症状がおだやかになるのは嬉しいですね。
完治は難しくずっと薬は飲み続けるものだと
僕は思っています。でも症状が出ないだけありがたいかも。


完治は難しいということにツイートして
みました。


正直完治は難しいんじゃないかなあと
思っています。
時間の経過である程度は治っても完全完治
しました。
となるとまだまだ先のような感じは受けますね。
僕もまだまだ未知の領域が続きます。


時間の経過と一緒に気をつけたいこと。

統合失調症の再発には注意する事。

時間の経過で症状は軽くなりますが、

薬も同じく飲み続けて欲しいので大事なのが

統合失調症の再発には十分に気をつける事です。


理由は、

薬も時間もある程度経過して自由に楽しめる
時間ができても気を緩めないことです。
再発しては今までの努力が無駄になります。
最悪の事態にならないように考えて行動する。

時間の経過でもう忘れがちになる再発ですが、

常に頭に入れておくと良いと思います。


例えば、時間がある程度5年くらい経過して

症状も軽くなった時に薬やあせって働いたりすると

統合失調症が再発する。


という感じになるのでとても気をつけて欲しいと

思っています。


闘病5年経っても10年経っても統合失調症の

恐ろしさを再確認しておくこともとても大事です。

時間の経過と薬で体調を良くして時間が
解決してくれると思うことです。
何年経っても慎重に生活を送っていくこと。


時間の経過で症状は軽くなるので後は

気を引きしめて統合失調症生活を楽しんで

いくことですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク