統合失調症やうつ病の治療はあせらなくて大丈夫です。

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は統合失調症やうつ病は治療はあせらなくても

大丈夫
ということをお伝えしていこうと

思います。


統合失調症やうつ病の治療はあせらなくて大丈夫で
す。

治療をあせらなくていい理由。

まず統合失調症とうつ病などの精神の病気は

薬を飲んでも一時的の効果なんです。


なので治療をあせらなくていい理由は

簡単にまとめてみました。


治療をあせらなくていい理由。


・時間の経過で回復してくる。
・自分の心の考える成長しだい。
・治療をあせっても効果がないです。


いざ治療を始めても効果が効くのは時間の経過です。

薬を飲んでも一時的な症状をやわらげるだけなので


一番大切なのは時間の経過が症状を緩めて回復

してくれる。


ということ。


僕も治療をしてもう13年目に統合失調症を

やっていますが、



そこで思ったのが、


時間が経てば症状は治まるんだな。



という回答がでてきました。


ではなぜ薬を飲んでいるのか?


薬を飲む理由はもしもの再発防止のため。
再発防止だけは避けたいので
薬はお守り代わりに飲んでいます。


時間の経過と薬の効果はいい関係です。

時間と薬は相性でいえば最高に良いです。

時間だけを経過すると症状が出てしんどいまま


時間の経過が経ちます。


薬だけでも一時的な効果なのでまた少し

すると気分が悪くなる。


ということは?

時間と薬を合わせることにより、
お互いがマッチしていい状態を
保ってくれます。


特に時間と薬は相性が良いので

無理にあせって行動しても無駄なのです。



それだったら家で休養して時間を作り、

時間になれば家で薬を飲む。


この行動ができればかなり上手に

統合失調症、うつ病の人間らしい

生活が送れているわけですね。


そこで時間と薬の関係についてツイートしてみました。


時間と薬は続けていると毎年良くなっている。
というのが実感できます。
時間と薬の結果で病状が悪化する人はいないと
思っています。
症状が悪化するのはあせりすぎているからだと。
あせらずに治療していくのが大事ですね。


あせるとろくなことがないです。

急いで治すのは無理です。

急いで統合失調症やうつ病が治った!

という人はいないと思います。


みな地道に年月をかけて少しづつ回復していくのが

統合失調症やうつ病にあてはまるからです。


自分の判断で病気が治った。と
思いこんで薬を飲まなくて生活リズムも
崩れていくと必ず再発すると思います。


必ず再発

再発を恐れているなら楽観的な考え方はやめて

地道に統合失調症やうつ病に向かって

いくべきだと思います。


無茶をすると結構な確率で再発します。

それは急に薬を飲まなくなったり、


自分は元気だと思いこみ病院に通わなくなる。


その辺りが僕は本当に恐ろしいので、

変な考え方はやめようと思っています。


急いで治す。


まずは自分の現在の状況を知り、
急いで治すと思ってもそれは思いだけなので
実際の体の体調に悪影響も出る場合もありますよ。


ということは急いで治す方法があれば

みんなつらい思いをせずに回復しています。


統合失調症やうつ病になってしまったら

あせらずに治療に専念してください。


気分が良い時もあれば気分が落ち込むことも

ありますよ。


本当に急いで治すことにはマイナス点が
多すぎます。
じっくりあせらずに治療して急いで治したい
気持ちを落ち着けながら生活していく
ことを統合失調症13年目の僕が言えることです。
僕はリスクなく生活しています。


地道に治療すればだんだん症状は良くなりますよ。


地道が一番です。

統合失調症やうつ病の精神病の世界では

地道な治療が大事です。


なのであせらずにゆっくりと体を休めて

好きなことに時間を使っても良いので


これを3か月、1年。

と病気が経過していくと症状も地道に回復してきます。


地道って大変そうだけどそれは病気の
世界なので日常生活も地道ですがそこに
楽しさがあると生活が華やかになるかも。


毎日の日常に疲れている人は、まずは

治療のためと思って好きなことに夢中になるものを


していくと成果が出たり上達すると嬉しいですよね。


なのでテレビゲームしたり、読書したり


自分の時間を生活の中で作っていくと

地味だった日常生活に花が咲きます。


とにかくあせらずに治療をしていくことを

僕はオススメというか


こうすれば良くなる。という感じでお伝えしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク