統合失調症を発病したら最初に気をつけておくこととは何か。

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は統合失調症を発病したら最初に

気をつけておくこととは何か
をお伝えします。

統合失調症になりたての方は読んでみて欲しいです。


統合失調症を発病したら最初に気をつけておくこと
とは何か。

発症して三年間は地獄でした。

いきなり地獄という言葉を使いたくはなかったですが、

結論から言うと最初の1年から3年目くらいは

発症してから地獄の毎日でした。



そこでどんなことが地獄だったのか簡単にまとめました。


・幻聴と妄想がひどい。
・常に危険と隣り合わせ。
・薬の副作用で体重増加。
・みんな自分の敵だと思っていた。

この四つを簡単に解説します。


・幻聴と妄想がひどい。

統合失調症を発病して最初の頃は
幻聴次第で外に裸足で出てしまうことも。
妄想がひどくて自分はガンになっていると妄想。
発症最初は妄想と幻聴に操られていました。


・常に危険と隣り合わせ。

先ほどの幻聴、妄想と似ていますが、
とにかく窓から外に飛び出したり、
知り合いの部屋に勝手に入ってベッドで
寝たりと、様々な行動を起こしてきました。
一歩間違えると通報されてしまいます。


・薬の副作用で体重増加。

僕は統合失調症発病前の体重は48キロくらい
でした。
ですが痩せていると薬でブレてしまう。
らしくて体重増加の薬を飲んでいたことも
ありました。
そして体重は20キロくらい最大で増えました。


みんな自分の敵だと思っていました。

僕はいまだにこの症状は起こります。
気分が悪くなると周りの人が僕に関係の
ない話をしていても自分に関係がある。
と思いこみ心が沈みます。
そして気分も悪くなる。みんな敵だと勘違い。


こんな感じで発病して最初はとてもしんどかったです。

でもここからは対策を考えたツイートをしてみました。


やはり統合失調症の発症初期段階では
外出はひかえた方がいいです。
理由は目に映る物全てが刺激的で
目から気分が悪くなってしまいます。
目から心に気分が悪くなるのであまり
良くなるまで外出はオススメできません。


統合失調症を発病したら最初に備えておくと良い
物。

栄養のある食事が大事です。

僕は発病して1年目から3年目くらいまでは

ご飯をあまり食べませんでした。


理由は自分がガンだと思いこみ、この

ゼリーを食べたら死んでしまう。



と深く妄想から考えていたのです。

でも本当はそんなことはないので


まだ統合失調症を発症して間もない人は

栄養はしっかり摂取して欲しいと思います。


最初は本当に自分が病気だと思いこんでいたので
栄養のある食事には最初はありつけなかったです。
本当なら栄養のある食事を摂って精神を安定させて
ください。


やはり水分補給は大事です。

水分補給は今現在の僕でも実行している

やり方です。

水分補給をすることで薬の副作用ののどのかわきを

おさえてくれるし、


一番は精神を安定させてくれる魔法の飲み物

だと考えています。


水でもジュースでもいいのでまずはこまめな

水分補給をオススメします。


水分をたくさん補給して体を水分で
溢れさすくらい僕は飲んでいます。
今も大量の水分補給をしているので
この方法は効果ありですよ。


最初に備えておくといい物をツイートしました。


僕は統合失調症13年目の現在でも水分は持ち歩いて
いるほどです。
それくらい水は大切ですね。
飲み物なら何でもいいと思うので特に
僕が飲むのは水道水や、冷たい紅茶などを
飲んでいます。


統合失調症を発病して1年目~3年目を乗りきるに
は。


準備が大切です。

統合失調症を乗りきるには準備が大切だと

考えています。


発病最初を乗りきる準備とは。


①とにかくしんどかったら寝る。
②いつでも飲み物を備える。
③ゲームなど症状を忘れるものをする。


僕はとにかくテレビゲームが発病1年目の時の

楽しみでした。


テレビゲームに集中するとゲームの世界に入って

いけるので我を忘れてプレイできます。


今ならスマホゲームなども良いですね。


とにかく自分を忘れることを意識してそのために

ゲームをすると良いかもしれませんね。


このテレビゲームは今現在の僕もやっています。
たまにすると気分転換になり心がリフレッシュ
できますね。


自分の好きなことをして統合失調症が

安定してくれることを願いながら



日々の生活を送って欲しいと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク