規則正しい生活リズムを身につけるには。

精神面

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今日は正しい生活リズムの作り方。

について語っていこうと思います。

昼まで寝ても何とかなりますよ。


規則正しい生活リズムを身につけるには。

本当の正しい生活リズムとは。

正しい生活リズムと言えば朝8時に起きて

夜の11時くらいには寝る。



といった感じでしょうかね。

でも人によっては正しい生活リズムが違うのは

よくありますよね。


なので正しい生活リズムは自分が作ればいいんだ!

となります。


自分が考えてみて一日する作業がはかどれば

これで正しい生活リズムと言えますね。


夜の仕事の人や朝からの仕事の人は
時間が反対ですよね。
なので自分で考えた生活リズムには価値があります。


最近の僕の場合の生活リズムは、

朝10時に起きて夜12時くらいに寝る。



といったゆっくりな時間設定になっています。

とにかく一日の間に自分の作業をこなせれるか?


これにかかってくると思いますよ。

そうなると規則正しい生活リズムとはなんなんだろう?_


とは思いませんか?


世間的には早寝、早起きだと思います。

でも僕は違います。


簡単に言うと僕は遅寝、遅起きです。


遅寝遅起きでも昼間に活動出来たらいいので

僕は無理をしていません。


あと薬も飲んでいるのでじっくり8時間くらいは

睡眠を取ります。

もしくはそれ以上です。


一日が充実していたら規則正しい自分なりの
生活リズムを作れるなら毎日がきっと
楽しくなると思います。これは大きいです。


世間からは批判させれます。

遅寝、遅起きで生活しているんだよ!

と他の方に言ってみると、


きっとコイツ何を考えているんだろう。

全然規則正しくないじゃないか。


仲間には変な目で見られるでしょうね。

ですがそうなっても僕はくじけません。


それが自分に合った生活リズムだからです。


そこで正しい生活リズムを考えてみました。


規則正しい生活リズムは自分流で十分です。
辺に早起き、早寝をしていると、慣れれば
いいですが、きついと思います。
でも朝早起きすると気分が良いですよね。
なので理想の生活リズムを見つけて欲しです。


実際の規則正しい生活リズムに着目します。

規則正しい生活リズムに合わせてみます。

実際の生活リズムに合わせて行動すると、

一日がとっても長く感じます。


過去に早寝、早起きに挑戦しましたが、
朝は眠くて。でも起きて。夜はなかなか寝れない。
でもこれも悪くないなと感じましたね。


学生などは規則正しい生活リズムは備わっていると思います。

理由は、学校が始まるのが朝早いからです。


なのでこの経験を生かして社会人になり、

仕事をしていくため。


寝坊せずに会社にいくため。と

学生の内から訓練しているのかなあと思いますね。


規則正しい生活リズムに着目すると。

正しい正しい生活リズムの良いところ。

・体調が整う。
・朝の新鮮な空気が吸える。
・なぜか得した気持ちになる。


逆に正しい生活リズムの悪いところ。

・とにかく起きるのしんどい。
・夜ふかしできない。
・昼間しか活動できない。

ざっとまとめましたがだいたいこんな感じだろう

なあとは思いますね。


でも正しいと言われる生活リズムでも

自分の決めた生活リズムでも、


長所と短所があるのでどちらが

良いかは自分で考えてみるのがいいと思います。


そこで規則正しい生活リズムに着目ツイート
してみました。


正しい生活リズムに注目するとやはり良い面が
結構あるなと思いました。
しかも早寝、早起きは悪くないかもしれませんね。
理想は早寝、早起きが良いので
慣れるまでしんどいですが頑張ってみる価値は
ありますね。


早起きの誘惑に負けない事。

早起きには誘惑があります。

早起きにはどんな誘惑があるのかというと、

僕の例では


・早く起きてもやることないしなー。
・とにかく眠い。
・あと一時間寝たい。

というような目覚めたらだいたい僕はこんな調子です。

なので規則正しい生活を送るには、


自分に合った方法、やり方が一番だと思いますね。


無理せずにコツコツ繰り返せば早起き、早寝には

慣れると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク