訪問看護の人が来た

精神科・病院関係

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

訪問看護とは

 

訪問看護とは週に一回や月に一度、多い人は週に二、三回

カウンセリングみたいな形で日々の悩み、

 

病気の話などを聞いてもらってこれからの未来に向かって前向きで

話をするのが訪問看護です。

 

僕は月に一度の訪問してくれてもらっています。

 

訪問看護のススメ

 

訪問看護の良いところは普段他人と接しない人でも

訪問看護の方に話を聞いてくれるのであまり人付き合いがすくない

 

僕みたいに孤独、みたいな人はオススメの治療法です。

家族にも話ができないことも気軽に相談できるので

 

統合失調症、精神病の方にはうってつけですね。

もっと話たりない時は回数も増やしてもらえますよ。

 

ですが訪問看護は無料ではなくて有料です。

ですがお話ができるので安いと思います。

 

時間は1時間と決まっております。

これは病気の人意外にも普段外に出ない人でも

 

利用できればもっと良いんですけどね。

 

訪問看護で得るもの

 

訪問看護で得るものといえば一番は人と話せるための自信に

なりますね。

 

あとはストレス発散とか充実感でしょうか。

とにかく得るものは大きいと思います。

 

メリットデメリット

 

ですが訪問看護ではメリットデメリットがあります。

それは話せる人を選べない。

 

指名ができない。

ということです。

 

僕は現在統合失調症12年目ですが看護の方は2人しか話した経験がありません。

最初の方は自分の母親くらいの方でした。

 

今は僕の歳と近い人とお話ししています。

まあ人が選べないのは仕方がないですね。

 

メリットは秘密義務なのでなんでも心を開いてお話しできる!

ということ。

 

デイケアもオススメ

 

僕はデイケアには行きませんが、同じ精神病の方でも

デイケアに毎日くらい通っている人がたくさんいます。

 

なぜかというと同じ病気の方の集まりなので

訪問看護をしなくても大勢の方とお話ができる。

 

というところですね。

でも僕はいかないです。

 

孤独がいいですね。

今日の訪問の人は8割型僕が話して終わりました。

 

気にせずにバンバン話しまくりましたね。

 

訪問看護は最初が大事

 

最初というのはまだ精神病になって1年〜3年目くらいの最初の方が

おススメです。

 

最初は

幻聴や気分の悪さが桁違いなので話を聞いてくれるだけでも

 

すごく助かります。

多分親も助かると思いますね。

 

僕も最初は相当ひどかったです。

精神の波が荒れたり沈んだりで大変でした。

 

なのでオススメは病気が発症して数年目ですね。

まだ発症して間もない人は是非訪問看護という制度は

 

利用した方がいいですね。

 

今日話したことは

 

今日話したことはゴールデンウィークの話で盛り上がりました。

あとは仕事の話しなどなど。

 

話す内容はなんでもいいのでどんどん話してみてくれたらなと

思います。

 

かならず精神が前向きになり安定します。

 

必ず行動にすること

 

自分がやりたいことを相談して実行してみてください。

1カ月後の訪問看護でそれを話しましょう。

 

そうするとやる気が出てきます。

僕の場合はYouTuberになりたいな。みたいな感じです。

 

ブログとFXはもう話しました。

なので自分がやりたいことを話すのが一番だと思います。

 

きっと聞いてもらえると嬉しいですよね。

 

そんな感じで毎日を過ごしていけたらいいですね。

充実した毎日を送りたいものです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク