鬱や精神病にこれ以上ひどくならないための対策とは。

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は鬱や精神病をこれ以上ひどくならないよう

する対策を考えてみました。

今鬱や精神病で悩んでいる人へ届いて欲しいです。

1、鬱や精神病にこれ以上ひどくならないための対策とは。

今自分が行なっている対策とは。

今僕が行なっているこれ以上鬱や精神病がひどく

ならないための対策は、リスクを負わないこと。

ではリスクとは何かを考えていきます。


リスクを負わない理由、

リスクを負わないということは安全な毎日を
送ることができます。
リスクを自分で回避するために生活を送るのも
ありです。


具体的には、リスクとは自分がこれをやっては

気分が悪くなってしまいそうだな。


とかチャレンジしたいけど症状が出てきそうな

感じのことを僕は毎日注意して行動して

います。

なので安全な方を選んで生活を送っています。

そのほうが安全に症状を極力おさえて生活

できますね。


二つの選ぶ道があれば安全な方を必ず
選んで行動すること、
もしも症状が出たらの時を考えて道を
選びます。


しんどくなったらすぐに休むこと。

安全な道を選んで行動しているのになぜか

症状が出てしまったら。

その時は寝ることをオススメします。


理由は、

僕は症状が出てしまったら必ず布団で
休みます。
嫌な時が過ぎ去るまで布団で待機する。

症状が出てしまったらまずは布団に入り

症状が治まるまで時を過ごすことです。

特に良いのはそのまま寝てしまうと

起きた時には気分がスッキリして目覚めれます。

まるで数時間前がウソだったかのように

気分がスカッとしています。


とにかくしんどくなったらすぐに休んで
無理をしないことです。
あとは体を冷やすのも良いです。


ここで鬱と精神病の症状がひどくならない
ためのツイートをしてみました。

安全な行動をして鬱や精神病にも優しい
行動をとることでリスクを極限まで減らした
対策ができます。
そうなると精神面が落ち着いて安心して
次に体を動かせていけます。
精神面にもリスク管理は大事ですね。

スポンサーリンク



2、闘病生活13年目でも変わらない対策。

闘病初期、現在13年目でも変わらない対策。

僕には闘病初期から現在まで変わらないことが
あります。

それは、水分補給をこまめに摂ること。です。

これも鬱病や精神病の人にも関係してきます。


理由はこちら、

水分補給をこまめに摂る理由は、
自分に症状が出ないように対策している
からです。水分補給は自分への精神面対策です。


鬱病、精神病の初期から水分補給をすっごく

摂る。
という対策は全く初期の頃と変わっていません。

水分補給をすると気分が落ち着いて気ます。

それはお腹が少しふくれて満足感に似た感じに

なるのではないのか。と

考えているからですね。


とりあえず水分補給を摂る。という行動
を13年間続けてきました。
この水を摂る効果はお守りにもなるので精神面が
落ち着きます。


ここで水分補給の大切さについて
ツイートしました。


水分補給をこまめに摂るということは
症状が出る予防策として毎日水やジュースを
飲んでいます。
とにかく鬱や精神病からの気分が悪くなる
パターンはもう嫌なので僕は水分を摂ります。


3、睡眠時間の確保。

寝ないと必ず気分が悪くなりますよ。

僕もそうですが鬱病の人や精神病の人って

睡眠をとるのは苦手な方かと思います。

ですが、睡眠を10時間くらいとることをオススメ。


理由としては、

鬱病や精神病の人は良く寝ないとダメですよ。
と主治医の先生が言っていました。
なので基本はたっぷり睡眠をとることです。


夜は寝るものです。

でも夜起きていたい気持ちは分かります。

でも鬱や精神病の人は夜は寝るのが一番

正しいと思っています。

せっかく外は暗いので夜は寝るようにして

睡眠時間をたっぷりととると精神面は

落ち着きますね。

睡眠をしっかりとって良い朝を
迎えることです。
生活リズムの正しい方は朝に起きることです。


正しいのは夜に起きておかずに朝に起きること。

これも大事。

なので鬱や精神面を上手に

避けながらこれ以上症状がひどくならないように

気をつけていくことですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク