鬱病が悪化しないようにしていること。[結論好きなことをやること]

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回は鬱病がひどく悪化しないためにしていること

を自分なりの13年間の経験から具体的に

考えて記事にしてみました。


1、鬱病が悪化しないようにしていること。[結論好きなことをやること]

とにかく深く考え込まないこと。

鬱病になってら深く考え込まないこと

オススメします。

深く考えても精神の病気なのできりがありません。

なので考え込んでいても前には進みません。

理由としては、

脳の病気だから考えていても仕方ない。
それなら好きなことをすれば気が紛れて
良い方向に進みます。


鬱病の病気に関して考えることは

別に悪い訳ではありません。


でも鬱病のことを考えていても症状は良く

なりません。

それなら自分のやりたいことを見つけて

やりたいことに集中したら良いと思います。


僕ならゲームとかしますね。

しんどい日を趣味に集中することで
なるべくしんどい日を忘れておく。
鬱病を忘れる。ということが必要ですね。


鬱は突然やってきます。

気がつけば鬱病に僕はなっていました。

それくらい鬱になるスピードは早いです。

それくらい鬱は突然やってきます。

理由は、

鬱になったのはストレスが原因だと
分かっています。
ストレスの原因をどう対処していくかが大切です。


僕は精神病の中でも鬱病はとてもしんどい

病気だなと考えるようになりました。


鬱病から逃れるためにはストレスの上手な発散

が必要だ
ということですね。

そうしないと気がつけば鬱になる。

というような早いスピードで鬱病になってしまいます。

誰が鬱病になってもおかしくない時代ですね。
この現代病はとても厄介ですが、
一度なれば完治まで長い道のりですね。


そこで鬱病が悪化しないようにするための
ツイートをしました。


鬱病を悪化させてはいけないので
家にいる時くらいは自由にしたいですよね。
僕は家で自由に暮らしていますよ。
働くこともできないので家でできる作業が
何かしたい人はオススメですね。
つらい時間を忘れるくらい集中しましょう。

スポンサーリンク



2、鬱の悪化防止にやっていること。

趣味に集中すること。

結論から言うと、自分の好きなことに集中すること

鬱病の悪化の防止策になるんじゃないかなと

思っています。

趣味に時間を利用すると鬱病のしんどい症状を

回避できます。

理由は、

やはり楽しいことを毎日やっていること
が一番大切かなと思います。
時間を気にせずに趣味に集中して鬱病を治療しましょう。


鬱病で気にしたいことがあります。

それは消えてしまいたい、どこか遠くに行きたい。

と思わないようにすることです。

やはり鬱になるとマイナス面が出てしまいます。

なので調子のいい時に良い充電ができていれば

鬱病の症状が出ても対処できます。

とにかく楽しいことをしてプラスに
考えることが大切かなと思います。
毎日楽しいことをやっていきませんか。


そこで鬱病の悪化防止のためのツイートをして
みました。


鬱病の症状が出ても上手に乗り切ること
がとても大切です。
そのためには好きなことに集中して
しんどくなったら布団に入れば良いんです。
それくらいの気持ちを持つことで
鬱病と上手にバランスが取れますね。


3、前向き意識が大切です。

前向きに進んでいくこと。

前向き思考だと多少しんどくても前に

進むことはできます。


鬱以外の生活でも前向き思考は生かされると

思っています。

理由は、

寝る前に明日のやることを考えて寝ること
も明日の予定を立てることで少しでもやる気と
前向き思考を考えた感じになるからです。


次の日のやりたいことを見つけて睡眠も

しっかり取って次の日からまた活力のある

日を送ってほしいなと思います。

何事も前向きに捉え出すと調子は上がっていきます。

多少しんどくなっても乗り越えれるように

なっていきます。

とりあず前向き思考は毎日を充実させてくれるので

鬱病にも効果はありです。

コツコツ毎日を楽しく送っていくことで
前向きになれる日もあればマイナスに考える日も
あると思います。でも日々精神面が成長していると考えること。


鬱病が悪化しないようにするためには

趣味に時間を利用することが大切です。

毎日プラス思考に捉えて楽しく生活を

送ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク