鬱病完治するまでの正しい治療法とは。[鬱病歴13年]

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。カズです。

今回は鬱病が完治するまでの時間や

治療法
を紹介してきます。

鬱病でも前向きに生きていけるような記事にしました。


1、鬱病完治するまでの正しい治療法とは。[鬱病歴13年]

鬱病は完治していない。

結論から言うと僕の鬱病はまだ完治
していないです。

でも役に立つ治療法や精神面での役に立ちそうな

ものがあるので鬱病完治までの

これまでの道のりを書いていきます。

鬱病完治の理由、

鬱病は完全には完治していませんが、
症状はほとんど出なくなりました。
闘病のベテランになると症状は出にくいと言えます。


僕は鬱病になり13年目ですが、ベテランと

言ってもいい立ち位置に立っていると思います。

でも鬱病の症状は減りましたが

まだまだたまに症状が出てくるので

その場合はとてつもなくしんどいですね。

鬱病はいつ症状が出てくるのか分かりません。

鬱病は13年経ってもまだ完治まで
いっていません。
でもほとんど症状は出なくなりますね。


完治に向けて。

完治に向けて治療しているわけですが、

主な治療法は薬と運動、睡眠、食事を

しっかりとることです。


僕は特にこの4つを気にしながら生活しています。

4つをしっかりとる理由、

僕は薬を飲みながらそこに睡眠、運動などを
スケジュールに入れていく感じですね。
基本的には生活リズムの改善にもつながるので
良しとしています。


僕は薬をとても大切だと思っています。

まず薬を飲まないと再発の可能性が出てくるからです。

その辺りも意識して薬と正しい生活リズムを

とるように心がけていますね。


今は治療のことを考えながら少々前進していく。

といった思いでいます。

完治に向けてマーペース、慎重に毎日を

送っていますね。

完治に向けて薬のを飲むことはとても
大切ですね。
基本は薬と正しい生活リズムで乗り越えて
いきます。


鬱病が完治するまでのツイートをして
みました。


一番は少々の症状でもそれに耐えれる
精神力も欲しいですね。
鬱病を医療するにはそれなりに心構えが
必要になってくるんじゃないかなと
思っています。
毎日安全に暮らせると嬉しいですね。

スポンサーリンク



2、鬱病には家族に協力してもらう。

鬱病は一人で考え込まないこと。

僕は鬱病は一人で治療するよりも、

周りのサポートをしてくれる人を見つければ

もっとストレスが軽減されていきます。

特に家族や精神科の先生などに協力して

もらうことですね。

理由は、

一人で闘生活を送っているととても
心が病みます。
話す相手がいるといないのではやはり
違います。


もし一人暮らしだったら心は病んでいく一方だと

思います。


とりあえず家族や精神科の先生に相談を

していくと心が晴れます。


コミュニケーション能力は大切なので

どこかで話すことはとても大切ですね。

家族の周りの人のサポートは
とっても大切です。
話すだけでも心が癒されます。
ストレス発散にもなりますね。


家族や先生に相談に乗ってもらう大切さの
ツイートをしてみました。


家族や友達でも良いので話す場所を設けること
月に数回でも良いので一人暮らしなら電話をして
みること。
なるべく気のつかわないみじかな人ならオッケイですね。
みじかな人ほどなんでも話せると思います。

3、治療法は飲んで寝る。

薬と睡眠を第一に考える。

僕が治療になるなと思うことは、

薬をしっかり飲んであとはぐっすり眠る。

これだけ体調は良くなると思います。

体調が良くなる理由、

薬と睡眠はとても大事なのでマイペースに
生活して無理しない程度に毎日を
送ることで精神面の治療になります。


薬と睡眠は大事なコンビといってもいいかも

しれませんね。

僕は睡眠をしっかりと取ることで朝は

スッキリ目覚めることができました。

朝に活動するのは気分が良いですよ。


しっかりと生活を送ればあとは

自分の部屋などで自由な時間もあるのでそこで

ゆっくりするのもありじゃないかなと

思っています。

薬と睡眠を組み合わせると良い効果が
期待できるし安心感もあります。
とにかく飲んで寝る。を意識する。


鬱病の完治はまだでも人前に出られるようには

なったので徐々に回復はしているなと

感じています。

気がつけば症状がなくなっていることを

願いながら生活を送っていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク