サポートしてもらった。

体験談

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今日の仕事がもう終わりそうな時間に突然僕のための来客が

来ました。

 

誰が来たかというと障がい者の就職サポートに力をいれている会社の

僕もお世話になった役員の方がわざわざ来てくださいました。

 

障がい者、精神病の方がまず働こうと1人で会社の面接に行くと不安ですよね。

何を言われるのか心配ですし、

 

いいようにとらえてくれる面接官は少ないんじゃないかと思います。

 

僕の場合は差別みたいな面接官もいましたね。

ですが全国にあると思いますが

 

障がい者の就職支援をしてくれるところがあります。

そこを僕は働く前に、面接前に伝えにいきました。

 

やはり就職するのに自分が障がい者ですのでちゃんと支援の会社に

話してそこをちゃんと理解してもらえばいいのです。

 

そうすると僕は面接の時にハローワークの方と障がい者支援の会社から2人

僕も入れて4人という分厚いサポートをしてくれました。

 

 

話を今日の仕事中に役員の方が来てくれたのに戻すと

就職してもこうして何回かどんな感じで仕事に向かっているのか。

 

精神病はどうか。

という就職してからののサポートをしてくれるのですごく助かります!

 

まだ話していませんが今日初めて来たわけじゃなくて僕に会いに来てくれたのは

確か合計4回くらい来てもらっています。

 

来てくれてビックリでした。

こうして僕の気持ちが、

 

この仕事やめたら今までかかわってくれた人達に迷惑がかかるな。

僕だけ1人が簡単な気持ちでやめる訳にはいかないな。

 

そう感じました。

 

これからはどんなサポートをしてもらいたいか

 

これからも僕は1人でやめたいな~とか軽い気持ちで思うことがあるので

そういう時にサポートに来てくれる。

 

ホントにピンポイントに来てくれたので今思ってる気持ちも全部話して

楽になりました。

 

なんか役員の方の話を聞いていると3の倍数の時にやめたくなるそうです。

僕もやめたい気持ちがゼロではなかったので

 

3の倍数からするとちょうど仕事初めて3か月たっているのでなるほどなー。

 

と思って聞いていました。

やはり仕事、社会の先輩の話はすごく助けになるし「、

 

いいアドバイスですね。

 

精神病のみんなにいいたいこと

 

それは就職したい時は障がい者就職支援の方に必ず声をかけて

面接の時に一緒に来てもらいましょうということです。

 

ぜったい支援された方が有利に話も進みます。

なんか障がい者を雇ったら会社に国からお金がもらえるみたいです。

 

僕も面接で初めてその話を聞きました。

でも仕事に就いても支援の役員の方のサポートはありがたいです!

 

もっとねばり強く頑張らないといけないなと力をもらいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク