統合失調症、精神疾患と症状。

統合失調症の記録

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは!カズです。

今回は自分の統合失調症をもっと詳しく考えてみました。

 

精神疾患の原因

 

精神疾患とは分けると統合失調症、気分障害などうつ病などがあげられます。

僕は統合失調症からくる精神疾患と考えました。

 

精神疾患は誰のせいでもないです。

 

この統合失調症になったのは誰のせいでも家族のせいでもありません。

 

精神疾患は脳の伝達物質が脳の中でメッセージを送る役割。

 

それが崩れることにより起こる。と考えています。

 

僕の場合は最初の頃は誰かを責めたりはしませんでしたが、

自分のせいと決めつけてすごく落ち込む時期がありました。

 

 

僕のストレスは雑音や車の音などでよく気分を悪くしていました。

精神病の方であなたのストレスは何ですか?

 

今はここ3か月ほど気分はいいです。

この統合失調症はいつ発症するか分からないので

 

どうしても受け入れなくてはなりません。

 

統合失調症とは?

 

統合失調症は僕が勉強した2年前は100人に1人の確率でかかる病気と言われてきました。

国や文化に関係なく統合失調症は襲ってくるそうです。

 

この統合失調症にかかっているのは日本だけじゃないんだなあと思うと

かなり他の国の方にも気の毒ですね。

 

統合失調症で生活をさまたげる

 

僕の場合は体を動かすことも精神的に不自由になり、そんな気がするだけですが。

勝手に自分をよく責めていました。

 

思い込みが激しい性格もあり、それがあまり精神病には良くないみたいですね。

 

最初の1、2年は家族にも迷惑をすごく今以上にかけていた記憶があります。

幻聴がひどかったので幻聴に動かされている自分がいました。

 

でもそれが分かっていても止められませんでした。

 

家族でさえも。

 

 

将来について前向きに考える

 

今では統合失調症は効果的な薬が開発されています。

そして今の僕は統合失調症と向き合っていける関係までに回復しました。

 

統合失調症の病気があっても充実した生活も送ることが最近でき始めました。

 

実りある生活が今の僕の幸せです。

 

 

直さないといけないことかな

 

僕は家族以外の他の人との会話がないのでまず会わないのでそれがちょっと

ダメだねえと精神科の先生に言われました。

 

でも僕は人と合わなくても楽しく暮らせれればそれでいいと思っています。

しかもブログを通して同じ統合失調症の病気の方や

 

元気な方に発信しているのでそれでいいのです。

しかも生活費も稼げたらなお良しです。

 

 

これからの目標は、人と極力かかわらずに暮らせていけることを目標とします。

ブログとアイパッドが友達です。

 

ちょっと大げさ過ぎましたかね。

 

 

楽しい毎日を過ごしていけたらそれでいい。

 

病気が来ても受け入れる覚悟はある。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク