YouTubeは動画配信していて良かったこと。「怪しくありません。」

体験談

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!カズです。

今回はYouTubeの動画撮影をしていて

良かったこと、大変だったことをお話します。

怪しくはないので僕はYouTubeは継続中です。


YouTubeは動画配信していて良かったこと。「怪しくはありません。」

動画配信の魅力。

動画を僕は週に三回くらい撮影して投稿しています。

なぜ週に三回かというと


この人いつまたどうがあげるのだろうか?

楽しみだからチャンネル登録しないと。



と思いこませるのが僕の狙いです。


でもそんな小さくなことを考えずに本当は

毎日投稿が良いらしいですね。


毎日投稿の魅力とは、チャンネル登録のスピードが
格段に違います。
YouTubeは右肩上がりなので出来れば毎日動画
出していればいいのです。


感謝の言葉ももらえます。

動画配信していて良かったことがまだあります。


それは僕の動画を観て同じような統合失調症の

人から励ましのメッセージなどがもらえることです。


僕はブログを孤独と格闘しながらやってきましたが、

YouTubeの世界ではブログよりもコメントが


たくさんもらえますよ。



しかも心優しいコメントばかりがもらえます。


僕は統合失調症をテーマに動画を出していますが、

アンチコメントというのはまだもらったことが

ありません。



それは僕がまだ底辺ユーチューバーだからですね。


僕が思うにはどんな動画でも投稿し続ければ

YouTubeにはいろんな人がいるので僕の動画にも


意外なファンがいるのです。

それで登録者数も僕の場合は地味に少しづつ上がってきています。


動画撮影が楽しかったこと。

動画撮影が楽しいことについてツイートしてみました。


チャンネル登録者が多くなるほど下手な動画は
出せません。
なので勉強してもっと動画撮影や編集に力を
入れていきたいなと思いました。
最近は楽しくすこしづつやっています。


YouTubeは完全な新たな職業です。


YouTubeは立派な職業です。

僕がYouTubeをやって早三カ月が経ちました。

三か月目で思ったのが、


YouTubeは仕事だな。しかも職人の技です。


こう思うようになり今まで趣味がてらにあげていた

動画が恥ずかしくなるほどまだまだ成長できていません。


成長できてない点はしっかりとした台本作りと
機材と編集スキルを増やして今の動画編集に
全力を注ぐこと。を意識しています。


YouTubeをやるからには収益化を目指したい!

と思うようにだんだんなりました。


でも今の僕のペースでははっきり言って収益化には

ほど遠いです。


でもコツコツ折れずにやっていけることは

ブログの毎日更新で鍛えられた精神力が

あるから続けてこれました。


あきらめずにコツコツやっていけたのは
ブログを更新しているおかげだと思っています。
その辺には成長してきているので満足です。


YouTubeを本格的にするには何が必要か?

YouTubeの動画を本格的に見やすさアップさせるには

何が必要か?


と考えてみました。


すると僕に足りないものは動画編集の技術が

まだ初心者でブランド感がでていないことに気づきました。


ブランド間とは僕のオリジナリティーな動画が

まだ完成してないところですね。


こうなればやはり動画編集の勉強を始めた方が良さそうです。



他の動画のチャンネルと差別化をすること。


ブログと少し似ています。

ブログも動画も自分のブランド力を高めるには

差別化が必要だと感じました。


そのためには動画編集ソフトが無料の物では

弱すぎます。



やはり動画編集ソフトを購入して改善をはかりたい

ところですね。


その辺ができるともっと伸びそうな予感がします。


そこで動画の差別化についてツイートしてみました。


ブログも差別化が大事だし動画も差別化すると
チャンネル登録者が増えそうな見込みなので
ちょっと勉強してみます。
そのためには何が必要なのかをはっきりして
的確な機材の購入をしたいと思います。


YouTubeはやっていて良かったです。

僕はYouTubeをやっていて良かったと

心から思います。


動画を撮影していても編集していても

楽しいのでもっと手の込んだ作品に仕上げたい


思うくらいです。


これからも勉強して楽しくYouTubeやっていて良かった

と思えるような作品にしたいと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク